スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

日曜洋画劇場のエンディングテーマ

先週から公開されてる映画「のだめカンタービレ」最終楽章 前編、なかなかの評判のようですね!

完璧主義の“千秋”とピアノを弾く表現力には先天的に秘めた才能を持つ“のだめ”・・・

二人が織り成す笑いと涙のストーリーはクラシックファンならずとも、引き込まれてしまいますが、ドラマでも毎回興味をそそられるのは、演奏されたメイン楽曲の数々です
中でも、ラフマニノフ ピアノ協奏曲第3番 ニ短調はすっかりお気に入りになってしまいました(^_^)v

お気に入りのアーティストでしたらもっと他の曲を色々聴いてみたいというのが心情・・・
そういえば昔、日曜洋画劇場のエンディングで流れてた、重々しくも体の奥底から湧き上がる情熱を帯びたフレーズを醸し出してる、ラフマニノフのピアノ協奏曲のタイトルは何んて言うんだろう? 
って次第に気になり始め、必死に探しまくりましたが、まったくわからない(^_^;)

でも今日とうとうわかりました! 
思い込みって恐ろしいですが、似てるけどラフマニノフではありませんでした(^^♪

原曲は1950年代コール ポーターのミュージカル「Kiss Me Kate」の挿入歌「So in Love」でして、後にモートン・グールドによって編曲されたものだということがわかり、スッキリ!(^^)!

原曲を聴いてみると、日曜洋画劇場のそれとは全く違い男女のデュエットで、全く雰囲気が違います

やっぱイメージ的にはオーケストラアレンジがいいなぁ

でも日曜にサザエさんを見て、寝る前にこの曲を聴いて「よしっ!明日から頑張るぞ!」って言う気にはならないかも(笑)






☆追記
最近デスクトップで気分転換にクラシック聞く機会が多いのですが、ここのサイト→クラシック名曲サウンドライブラリーは「のだめカンタービレ」で演奏されてた曲をはじめ数々の名曲を高音質で聴けますよー



2009-12-23 20:35 : 音楽/映画/ : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

お知らせ

  

FC2カウンター

月別アーカイブ(タブ)

本日の一曲

The One Who Needs You - indigo jam unit feat. Alicia Saldenha
サッポロシティージャズでもナイスな演奏を聴かせてくれましたが、10月10日にも狸小路のmoleにてライブがあります。プロモは9月2日のニューアルバムにアリシアがVOで参加した音源 良いです(^^)

Runner's Blog

最近の記事+コメント

ブログ内検索

メールです

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。