スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

今日はキタラでクラシック鑑賞だった(^_^)v

SN380627.jpg

1年ぶりに札響の演奏によるキタラでのほくでんファミリーコンサートに行ってきました

普段ジャズやフュージョン、ロック等を好んで聞いてますが、昔、吹奏楽を演ってたこともあり、クラシックも大好きなんです! 

昨年同時期の演奏会では、世界一受けたい授業で有名な、青島広志先生がゲストで指揮とチェンバロ演奏を交えた、とてもためになる楽しい内容でしたが、今年は モーツァルト/ピアノ協奏曲第26番ニ短調と チャイコフスキー/交響曲第4番へ短調という大曲が演奏されるということもあり、何日も前からワクワクしてこの日が訪れるのを楽しみにしてました


 参考<今回の交響曲第4番へ短調・第4楽章>

第2部で演奏された交響曲第4番へ短調の第4楽章は、自分が中学校1年生のときの吹奏楽コンクールで全道で金賞を受賞した、思い出に残る曲(トランペットを吹いていた)だったのですが、演奏が始まった瞬間、懐かしさと音圧に打ちのめされたと同時に思い出が走馬灯のように脳裏をよぎってしまい、感動で涙が溢れてきました

この曲が作曲されたのは今から120年以上も前の1876年あたりですが当時のチャイコフスキーにとって結婚、破局、自殺未遂と波乱の時期と重なったこの作品は、チャイコフスキーの内面の葛藤する様子がとてもよく描かれており、苦悩と絶望と歓喜の様子が各楽器の対話法を駆使した旋律とともに、今回も胸に切なく響いてきます
アコースティックの楽器の一つ一つが重なり合って奏でる倍音って、なんて分厚い音色なんでしょう。
時に激しく、時にオブラートのようにソフトに包み込まれるような感覚は胎内で静かに眠りながら胎教を聞いてるようで心が無の状態になっていく感覚です


オーケストラではこの譜面のように、早いパッセージはないのですが、吹奏楽用にアレンジした譜面は所々クラリネットとユニゾンで吹いており、指がもつれそうな、うじゃうじゃとした16分音符のおたまじゃくしは、ビギナーだった自分としてとてもストレスに感じてたことを思い出します(笑)

今回はまゆちゃんよりチケットを譲っていただきとても素晴らしい演奏を聞くことが出来、とても感謝してます。仕事を早く切り上げさせてもらいましたが、会社に嘘言ってしまった。ごめんなさいm(__)m
でも、行けて本当に良かった!

皆さんもたまにクラシック鑑賞してみては? なかなかいいですよ(^_^)v
2007-12-19 22:28 : 音楽/映画/ : コメント : 2 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

はじめまして
昨日の演奏、とても良かったですね
写真拝見するとステージ背面で鑑賞されたようですが、私も近くで迫力ある演奏を堪能することが出来ました
ほくでんファミリーコンサートは初めてだったのですが、地元企業がチャリティーを兼ねて地域貢献のために無料で行ってるこの催しは、これからもずっと続けていって欲しいですね
2007-12-20 15:28 : yuusuke URL : 編集
感動でした!
yuusukeさん、はじめまして!
昨日のとても美しい菊地洋子さんのアクロバティックなピアノ演奏もさることながら篠崎靖男さんの表現豊かな指揮も真正面から眺めることが出来、とても感動しました。
yuusukeさんも近くにおられたのですね! あの席の位置は初めてだったのですが、ちょうどトランペットのパートの頭上から譜面も一緒に眺めることが出来迫力満点でした。ほくでんファミリーコンサートは昔、年に数回札幌市民会館でよく行われてたとき、欠かさず見に行ってましたよ。僅かながらの募金は毎回欠かさずしておりますが、無料でこんなに素晴らしい演奏会を楽しめるのは幸せですね!
2007-12-20 18:52 : akkun URL : 編集
« next  ホーム  prev »

お知らせ

  

FC2カウンター

月別アーカイブ(タブ)

本日の一曲

The One Who Needs You - indigo jam unit feat. Alicia Saldenha
サッポロシティージャズでもナイスな演奏を聴かせてくれましたが、10月10日にも狸小路のmoleにてライブがあります。プロモは9月2日のニューアルバムにアリシアがVOで参加した音源 良いです(^^)

Runner's Blog

最近の記事+コメント

ブログ内検索

メールです

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。