スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

羊蹄山登山

This album is powered by BubbleShare - Add to my blog

昨日は先週に引き続き、弟子のまゆちゃんと羊蹄山(標高1,898m)に登って来ましたが、山頂だと思ったところが勘違いしてたようです(~_~;)
霧雨交じりの濃霧と強風だったので、見通しが利かなく無理もないですが、ちょっと残念でした。
でも、標高的にはほとんどピークに近いのでよしとしよう(笑)

真狩登山口の駐車場に到着したときは3分の2が雲に覆われており、山頂での眺望は望めないな~と少々ガッカリ
朝8時に登山口での記帳を済ませ、 南コブ探勝路と合流する分岐までを森のなかを進みます。
周りはとても静か。カッコウなどの野鳥の声が耳に良かった!
道は比較的整備されており、標識も1合目ごとに立っておりとても親切~♪
3合目を過ぎ、右に折れて尾根に出ると、いきなり視界が開けて遠くに洞爺湖が見えた(^^ v
でもすぐ上には雲が迫ってきており、頭上から凄まじい風の音が聞こえてきます・・・
5合目手前くらいからだったでしょうか、少しづつ傾斜もきつくなってきて、道には大きめな石が出始め、見通しが利かないままひたすら樹林のなかを進みます。
周りの木々は風雪から身を守るためか斜めにぐにゃぐにゃに曲がって生えてるのには、自然の生命力を感じました。
やがて8合目を過ぎ少し行くとガレ場に出ることが出来色々な草花(あとで調べたらキクバクワガタ、イワブクロ)が茂ってました。
ようやっと9合目にたどり着いたら、そこは避難小屋と頂上への分岐点になってました。今回は残念ながら行けませんでしたが800円で泊まれるそうですので、次回は満天の星空を眺めに避難小屋にも泊まってみようかと思います。
お花畑の斜面を登りきるとそこは大火口壁のコルに出たが、何も見えない… 
あわせて凄い突風!!
石に書かれた⇔山頂の文字を見てどっちに行けばよいかわからず、とりあえず左に行くが、火口から吹き上げる突風が物凄い!
スパッツとズボンの雨具も慌てて履き、頂上を目指します。
最後の登り(?)を上がりやっと頂上の文字が…
そこには山小屋の基礎部分が残っており、横には頂上の木板があった! 
(ここで登頂し始めて約4時間)
なんとなく矢印っぽかったのですが、方向は火口の方を向いており、かってにそこが頂上と勘違いしてたようだ(笑)
誰かいたら教えてくれたと思うのだが、誰一人もおらず、ましてや長居などしてられない状況だったので、速攻で退散しました。

まともに休憩をとらず、淡々となが~い下りをはじめて驚いたのはこの悪条件の中、軽装で登ってくる人の多いこと…
すれ違うときに聞いてみると、今回の自分と同じで初めての方が多かった感じでしたが、山頂付近はかなり気温も低く天候も悪いのに大丈夫かなとチョッと心配です。
高度が下がると、気温も次第と上がり汗ばむ。登ってきたときよりも地盤が湿り少し滑りましたが、帰路は約3時間で下れました。

<山頂付近の映像>
2007-07-16 18:49 : 登山、アウトドア全般 : コメント : 8 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

避難小屋
去年泊まりました。北海道マラソンの後の休みに行きましたが、上は寒くてストーブ焚いてくれていました。あったかくて助かった。そのときもすごい強風で山頂までは行けず仕舞いでした。

小屋に泊まると行程が楽でいいんだけど、水場がないので、2日分の水と食料&シュラフ持参だったので、荷物がテント泊の時より重かったです。水を一人で4リットルくらい持っていったかな。

小屋の管理人さんもいい人で楽しかったですよ。
2007-07-16 21:02 : こうめ URL : 編集
山頂で一泊、いいなぁ!
登ってると上から避難小屋で一泊した大学の山岳部の若い男女の方々が、大きなザックを背負って下りてくるのに会いました。シュラフにロールマットなど縦走してるのかのようないでたちでしたが、見ていてとても楽しそうで羨ましかった~。
花を見に来てる年配の方に聞いたのですが、毛布は200円、シュラフは300円で借りられるそうですね。レンタルが気にならなきゃ、それでもいいかなって思いました。
水を4リットルはさぞかし重たかったでしょうね。昨日2リットル背負って登るだけでも結構重たく感じたので、野山を駆け巡るには、まだまだ足腰が弱いと実感しました(^_^.)
次回はどこの山に挑戦しようか、ワクワクしてます
2007-07-16 22:02 : akkun URL : 編集
登りたくなりました。
高校時代以来登っていません!

また、登りたくなりました。
山小屋はその時私も泊まりましたが800円取られるんですね~
以前はただでしたよ。

山小屋に泊まって朝日を見ると最高ですよ!
2007-07-16 23:27 : yagi URL : 編集
地元ですもんね
>yagiさん
へー 昔は無料だったんですか!
羊蹄山の避難小屋はもう築35年にもなり、かなり老朽化が進んでるそうですね。
朝日も星空も見てみたいなぁ。昨年は登りに行こう!と言って実現しなかったですが、日帰りでも山小屋一泊でもかまいませんので、今度一緒に行きましょう!
2007-07-17 07:16 : akkun URL : 編集
運転ありがとうね!
今回も運転していただきありがとうございます!
様子が解ったので次回は山小屋泊まりもできそうです。今度は晴れた日に登りたいね(~_~)
2007-07-17 12:32 : まゆちゃん URL : 編集
お疲れ様でした
>まゆちゃん
先日見てて、2年前に比べて格段に体力が付いたように感じてましたが、ほとんど休む暇もなく約7時間に渡り動き続けさせちゃったのには申し訳なかったです。
あの近辺、今まで仕事で通る度に山頂を見てましたが、必ず付近に雲がまとわり付いてて、先日もそうでしたが風が弱く見通しの良い日って少ないのかなって感じました。
今度は昼から登って一泊して、夜空と朝日を見て、午前中下山してくるプランも、キャンプするより手軽でお金がかからなくていいかもね
2007-07-17 13:21 : akkun URL : 編集
なかなか晴れない山頂付近
いつも雲がかかってますよね。
私たちが泊まった時は結局翌朝もだめでした。
真狩から上って比羅夫に下りました。
なんと、同行者がにゃン子拾って小屋まで連れて行ったんだよ。
http://sotoasobi.or.tv/sotoasobi/yotei06.html
ここ見てみてください。
2007-07-17 21:38 : こうめ URL : 編集
写真綺麗ですね!
>こうめさん
早速見ましたよー
すみませんm(__)mこの記事見逃してました。真狩から登って比羅夫に下りるコースも、バス停が近くにあるのでいいかなって先日話してたところでした。ただひたすらガレ場が続くと聞いてたので、下りは足に来そうですね。先日もそうでしたが、登りより下りの方が疲れました。
抜けるような青空の写真見てたら、仕事ほっぽり出して、また登りたくなってきました(笑)
2007-07-17 22:30 : akkun URL : 編集
« next  ホーム  prev »

お知らせ

  

FC2カウンター

月別アーカイブ(タブ)

本日の一曲

The One Who Needs You - indigo jam unit feat. Alicia Saldenha
サッポロシティージャズでもナイスな演奏を聴かせてくれましたが、10月10日にも狸小路のmoleにてライブがあります。プロモは9月2日のニューアルバムにアリシアがVOで参加した音源 良いです(^^)

Runner's Blog

最近の記事+コメント

ブログ内検索

メールです

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。