スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

「きみにしか聞こえない」の試写会に行ってきました



今日はまゆちゃんのお誘いで久しぶりに試写会に行ってきました

映画“きみにしか聞こえない”は17歳でデビューした乙一さんの原作“Calling You”が映画化されたものですが、ストーリーを簡単に説明すると、友達とうちとける事が苦手な女の子に、ある日その頭のなかの携帯に電話がかかってくる。
やがて耳が不自由で会話が出来ない障害のためにうまく人と付き合うことができない少年と少女のつかの間の交流がはじまっていくという内容です。

はじめは時空を題材にしたストーリーとしては尾道を舞台とした“時をかける少女”っぽいかなと思いましたが、携帯電話での会話で進行していくストーリーは現代風で、いずれ携帯電話は時空を越えた会話が出来る可能性もあるのかも…と乙一さんらしい発想にチョッと感心しました

途中で「はは~ん」とネタバレしましたが、14歳とは思えない成海璃子の演技は好感が持てました。将来がとても楽しみです
2007-05-25 23:18 : 音楽/映画/ : コメント : 4 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

病院のベットの上の姿をみたら 色んな人と重なりポロリときてしまいましたi-241 
2007-05-27 01:05 : まゆ URL : 編集
ドリカムのテーマ曲はエンディングだけだったね(笑)
ハッピーエンドじゃなかったけど、ポジティブに生きて行こうと、元気を与えてくれる映画でしたね。僕はちょっとだけ目頭が熱くなっちゃった
自分の気持ちを言葉にすれば、傍にいなくても気持ちはつながるということや、お互いを思うことの大切さって忘れかけてたけど、映画を通してひしひしと感じました
2007-05-27 08:01 : akkun URL : 編集
乙一さんの小説も好きでよく読みますよ~今にも目の前に現れそうなほどのリアルな描写に引き込まれます。映画見てみたいな
2007-05-27 12:24 : nao URL : 編集
映画は小説とちょっと違うとのことです
>naoちゃん
リアルな描写に定評があるのは聞いてましたが、残念ながら本も映画も見たことがありませんでした。小説では障害を持っていたり、会えなかったり、すれ違ったりというモチーフが多いようですが、揺れ動くココロがうまく表現されてるようで、見てると知らないあいだにぐっと引き込まれていきます。
文庫本も安そうなので、今度僕も読んでみますね
2007-05-27 16:48 : akkun URL : 編集
« next  ホーム  prev »

お知らせ

  

FC2カウンター

月別アーカイブ(タブ)

本日の一曲

The One Who Needs You - indigo jam unit feat. Alicia Saldenha
サッポロシティージャズでもナイスな演奏を聴かせてくれましたが、10月10日にも狸小路のmoleにてライブがあります。プロモは9月2日のニューアルバムにアリシアがVOで参加した音源 良いです(^^)

Runner's Blog

最近の記事+コメント

ブログ内検索

メールです

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。