スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

父親の頑張る姿を励みに…

僕のことではありません
同じ町内会で共に青年部を盛り上げてくれてる30代の彼のことなんです

彼(○川さん)は最近走り始めたのですが、なんと驚くことに毎日20キロのジョグをこなしております

きっかけは先月の北海道マラソンの20キロ地点で彼の11歳の長女と一緒に、いつまで経っても現れない僕を待ちながら、最終ランナーが通過するまで一緒に一生懸命応援したことが最大のきっかけだったとのことですが彼はこのとき娘さんに「来年はお父さんもここを走ってみせる」と約束したそうです

最初、何も事情がわからない僕は「道マラってそれほどまでに魅力ある大会なんだぁ」と今更ながらに驚いておりました。

ところが1週間前に札幌ドームに日ハム×ロッテ戦を一緒に行った際、彼の娘さんが8月の道マラ応援を最後に入院したと聞かされました。

病名は急性骨髄性白血病で9月から入院する予定だったそうです。

今月になり抗がん剤治療がはじまったそうですが、激しい副作用と戦う娘さんに口で励ましながらも、これ以上何も出来ず不憫でたまらない彼は娘さんに自分が来年の道マラで完走することを約束したそうです

父親の頑張る姿を見せることで、病魔と闘うせめてもの彼女の励みになれば・・・と言ってました

来月の北海道ロードレースでのハーフマラソンで資格をゲットすることが目標らしいいですが、非力ながら僕も彼の少しでも役に立てればと考えております

この先、彼(○川さん)とレース会場でお会いする機会があるかと思いますが、見かけましたら素朴でとても良い奴なので励ましてやってください
2006-09-22 23:17 : ランニング : コメント : 17 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

北海道ロードレース
約束通りエントリーしましたので、当日はぜひお会いしたいですね。
2006-09-23 00:06 : Ogaman URL : 編集
よかった!
おお~!
今年はもうOgamanさんとは直接対決はないかな?と思ったんですが、そうでなくっちゃ!
僕は今年度のオーラスの大会となるので、締めくくりとしてお互い気持ちよく走り切れればいいっすね
2006-09-23 07:19 : akkun URL : 編集
来年の道マラ
抗ガン剤の副作用のつらさに比べたら、エアサロの匂いでリタイアしてはいけません(笑)
北海道RR楽しみにしています
2006-09-23 10:22 : たあ坊 URL : 編集
来年までには・・・
>たあ坊さん
そうですね。僕も負けてはおられません
簡単なようで、とても難しい課題ではありますが早期に解決したいと思ってます
北海道ロードレースでは100分切り宣言しますよ~
2006-09-23 14:15 : akkun URL : 編集
頑張ってほしい!
なんだか読んでいて涙が出てきました。
ぜひ頑張ってほしいですよね。
娘さんもそんなお父さんがきっと頼もしく見えるだろうなあ。
白血病との闘いにも勝てる事を楽しみにしています。
私骨髄バンクにも登録してるんだけど、日本のバンクがまだまだ人数が足りない事が気にかかります。
健康な人なら骨髄バンクの登録には、血液を採るだけなのでぜひ恐がらずに登録して欲しいと思います。
2006-09-23 17:42 : こうめ URL : 編集
僕もそう感じました
>こうめさん
今日は駅伝お疲れ様でした
昨年と違ってとても天気がよく高記録が出たのではないでしょうか・・・

彼から初めて聞かされたときは、僕は言葉を失ったと同時に涙が出そうになりました
今日も彼から「無事北海道ロードレースのエントリー済ませました!」と元気に電話があり、「頑張ろうね」って励ましましたよ~
手のかかりそうな幼い下の子が他に2人もいる家庭なのに、そんなことを微塵も見せず、努めて明るく振舞う彼を、僕もとても頼もしく感じてます。
このたび、あらためて骨髄移植のありがたみや重要性を感じ、僕も近々登録しようと思っておりますよ!
2006-09-23 20:06 : akkun URL : 編集
骨髄バンク
以前から関心は持っています。
実際に提供した方の話も聞きました。
ただ・・・何となく怖くて踏み切れずにいます。
この1歩、何とか踏み出したいという気持ちはあるのですが・・・。
2006-09-23 21:36 : Ogaman URL : 編集
登録には1時間ほどかかるそうです
>Ogamanさん
提供される側は点滴のような簡単な移植で済むのに、ドナー側は全身麻酔の上、数箇所から抜き取るため術後も多少痛みが伴うと知人から聞きましたが、臓器移植と違い身体の一部がなくなってしまう訳ではないし、たったこれだけのことで、尊い命が救われるんだと思うと、長い一生の中でこれくらいの善意を持たなければきっと後悔すると思いました。
僕は今期のレースが終わったら登録に行ってみようと思ってますよ~
2006-09-23 21:49 : akkun URL : 編集
骨髄移植は
ドナーは、何度もの検査をクリアして初めて移植という事になるようです。
型が一致したら、連絡が来て再度血液検査をして、そこでまたうまく合いそうだったら再び検査という事になるようです。
また一致しても提供するかどうかはその時点で考えていい事になっています。
まずは、バンクに登録してみるという事が初めの一歩かなと思います。

私も登録してすでに10年以上経っていますが、一度患者さんと合うかもしれないと検査をしましたが、一致しませんでした。その時は不安もありましたが、これで1人の命が助かるのならという気持ちが大きかったです。
2006-09-25 17:01 : こうめ URL : 編集
はじめの一歩
>こうめさん
漠然とした知識しかなったので、ドナー登録から移植までの流れを調べてみました

①登録は病院ではなく、赤十字献血センターで行なうこと
②すぐに登録されるのではなく、約1ヶ月で血液検査が完了して、血液に問題がなければ無事に登録になること
③登録しても実際に移植依頼がすぐに来るとは限らない
④ドナー候補に選ばれても拒否は出来る
⑤通常は候補に選ばれてから移植手術までは半年かかるそう
⑥全身麻酔をかけて手術をするため、後遺症も残るリスクがある
⑦術前後、平均で4日位の入院
➇登録するのにも、家族の同意がいる

簡単に考えれば、大掛かりな献血ということになるのでしょうが、善意というものは何も行動せずに見ていても何にもならないですよね。こうめさんのおっしゃるようにまずはドナー登録することが、はじめの一歩だと思います。
先日かみさんとも色々話したのですが、後日2人で献血を兼ねて登録手続きをしに行くことにしました(^^♪
2006-09-25 18:40 : akkun URL : 編集
なんの心配もしないで走っていられる自分の幸福さが身にしみます。

ロードレースもみんながんばろう。
2006-09-26 08:31 : じろー URL : 編集
実は
私の先輩が、ドナーを体験しています。
ブログに公開している話ですから、リンクを貼り付けても差し支えないでしょう。

http://blog.goo.ne.jp/komamasa24goo/c/a8454e3c1d03c169d4bb0df4e46027e6

2006-09-26 08:31 : Ogaman URL : 編集
勉強になります
>じろーさん
そうですね、怪我したり病気したりして初めて健康であるありがたみがわかると思います
僕なんかでも、ちょっと足が痛くて走れなくなるだけでも悩んだり、落ち込んだりしてしまいますよ
もっと大きな事で悩んでる方々をみると、ちっぽけなことでクヨクヨしてる自分が恥ずかしくなることもあります
ロードレースでは今年もOgamanさんに勝てるよう頑張ろうと思います(笑)

>Ogamanさん
ありがとうございます。早速リンク先の先輩の方のブログ見てきました
何回も読み直したいのでプリントしましたが、全身麻酔すら受けたことのない僕にとって、術後の覚醒時にあの辛い吐き気が襲ってくるかもと思うと、正直言って恐ろしくもあり、内心わざわざそんなことまでしなくても…という気持ちもないといえば嘘になりますが、ひとつの信念をもちそれを誇りに生きることは人間として素晴らしいことではないかと感じてます(家族が反対してれば無理ですが…)
仮に、ドナー提供者に選ばれたとして、その時点でどうしても都合が悪く辞退するようなことになっても恥ずかしいことではないと思いますし自分の子供たちにも人間の友情だとか、愛情、生命の尊さもわかって欲しいので、まずは登録からはじめてみようと思ってます
2006-09-26 11:54 : akkun URL : 編集
全身麻酔は
まかせてください(笑)。
幼稚園の時の経験はともかく、2年半前の胆石手術の時にも経験済みです。
その時はまったく吐き気はしませんでしたが、下剤と浣腸は施していたので、その違いはあるかもしれませんね。

先ほど骨髄バンクのことを調べて驚きました。
これって、55歳までしかできないんですね。
ということは、もう可能な期間は10年も残っていないんだ!
これは迷っている暇はありませんね。
決意したときは53歳だったとか言ったら、洒落になりませんもんね。
2006-09-26 12:22 : Ogaman URL : 編集
あと8年か・・・
>Ogamanさん
最近吐き気という文字にに異常に反応してしまうのでビビッてしまいましたが、胃腸に内容物が残ってると敏感に反応してしまうかもしれませんね。僕もマラソン時に空腹時に限って吐き気が少ないこともあり、納得しました。

僕も先日まで知らなかったんですが、「チャンス」というドナー登録のしおりを見たら正確には54歳までしか登録者から検索されないようです。今から登録してもこうめさんのように選ばれることがないまま終わってしまうかもしれませんが、それならそれでもしかたがないことですよね(笑)
2006-09-26 12:56 : akkun URL : 編集
そうなんです。
ドナーの年齢制限、49歳までだったのがたしか数年前54歳に伸びました。私が48歳くらいの時だっただろうか。
ドナー登録してるという事で、いつでも提供できるような健康な体を維持しようという気持ちは大きくなったような気がします。
骨髄液ではありませんが、血小板提供で血液センターからの依頼にすぐ応えられるよう待機していて欲しいといわれた期間がありました。私の血小板と型があう患者さんがいたようです。採った血小板をすぶ患者さんの所へ運ぶという事を聞いて自分が少しでもその方の役に経っているんだなあと実感したのを思い出します。

そんな事も健康な体があってこその事。
健康に食べて走って元気でいましょう。
2006-09-26 21:48 : こうめ URL : 編集
あと4、5年ですね
>こうめさん
僕もそう思います。仕事上でもそうですが、頼られると気持いいですし、必要とされるのであればやる気も沸いてきます。

気軽に毎年献血してる血液も、無駄なく活用できてると聞けば嬉しいですよね。
日ごろの食生活も、かみさんが気をつかってくれてますが、血液は健康のバロメーター。
ちょっと不摂生すればすぐに数値に表れてきてしまいます。
走ることも楽しくなくっちゃ意味がないし、楽しく走るためには健康にも注意しなくっちゃ!
ココロも健康でいられるよう人生楽しくエンジョイしましょう(*^^)v
2006-09-26 22:19 : akkun URL : 編集
« next  ホーム  prev »

お知らせ

  

FC2カウンター

月別アーカイブ(タブ)

本日の一曲

The One Who Needs You - indigo jam unit feat. Alicia Saldenha
サッポロシティージャズでもナイスな演奏を聴かせてくれましたが、10月10日にも狸小路のmoleにてライブがあります。プロモは9月2日のニューアルバムにアリシアがVOで参加した音源 良いです(^^)

Runner's Blog

最近の記事+コメント

ブログ内検索

メールです

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。