スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

町内会役員

私は、町内会で『青年部』という役員を9年務めております
いつまで青年でいられるか不明ですが…

今年も、恒例の忘年会が、今月20日に行われ、青年部主催のボウリング大会+バイキング料理がその後の28日に行う予定です。
また、次回の日曜の12日は資源回収回りと、多忙なボランティア活動をしております。
これも、生まれてからこのかた44年この町内で生活しておりまして、何ひとつまわりの方々のためになるようなことをしてないことが不憫に思え、自分で出来ることから始めております。
この町内も少子化が進み、子供会と協力し色々なイベントを立ち上げ模索しておりましたが、毎年年末にはクリスマス会を開いて
いたのが去年から誰も来なくなり、過疎化が進んでおります。
平均年齢は50歳代になってるようです。このまま行くとどうなってしまうのでしょうね?

話し変わりまして、町内では防災組織なるものが編成されております。
余震が続いている新潟の際もそうだと思いますが円滑に避難、救護、消化活動はなされていたかと思うと、疑問です。
こちらの町内会にしても平成11年に編成されたのにもかかわらず、一度も訓練等したことがありません。
先日の台風の時も、自分で何をしたら良いか分からない位の状態で周辺はパニックでした。
政府の機関の方々は度々訓練されてるようですが、民間レベルでも義務付けるよう促していかないと、何かあった時では遅いのではないか?と最近つくづく感じております。

2004-11-11 22:40 : 生活 : コメント : 4 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

札幌っ子なんですね
この地域に昔からお住まいだったんですね。私の町内は独身者やアパートマンションが多いせいか町内会は殆ど形骸化しているようです。回覧版が廻って来て時々町内会の行事の参加申込用紙なんかが挟まっていることがありますが、書き込まれているのを見たことが殆どありません。一度えびすやの前の公園で盆踊りをしている所を見たことがありますが、これも古くからこの町内に住んでいると思われるような、お年寄りばかりでした。ここに住む前は篠路に1年半住んでいましたが、こちらとは事情が違って色々活動していました。そこに家を建てて住んでいる人が殆どだったからだと思います。我が家のような借りて住んでいる人間は、どうせずっといるわけではないという意識があるせいか、そういうのが正直いって重荷でした。

これも私のブログでの話題に通じるかもしれないですが、町内会はリタイアしたような時間的余裕があるお年寄りが主体でakkunと同世代の人は仕事に終われて活動している時間が無い人が多いのかもしれませんね。
2004-11-12 21:25 : NAOJI URL : 編集
>NAOJIさん
以前は篠路だったのですか。
生まれは違うと思いますが、篠路、屯田は農家の方々が元々多く古くから住んでおられるのでお年寄りが多いのですね。
こちらの町内会役員たちを見ましてもすべて自分の親世代です。
ですから、私をいつも『僕チャン』扱いで見ているようです。(-_-;)
そこは上手く甘えながらお付き合いしておりますが…
周りの友人達を見ましても、ぽつりぽつりと親御さんを亡くしている方がだんだん増えてきました。老人社会の中で自分の役割は?と日ごろ考えることが多いですが、その前に自分の親に介護が必要になった時、痴呆症になった時、と考えると今の自分が何をしなくてはいけないのかな?と悩んでしまいます。父親の役割、家族の役割ってホンと大変ですね。
2004-11-12 21:47 : akkun URL : 編集
そうなんです、一時期、父と同居していたので賃貸物件の関係で篠路に住んでいました。ちょうどあの大雪の年でウチの団地は翌朝まで除雪が来なくて陸の孤島状態でした。冬は気象が厳しくこちらと比べて本当に大変でした。どちらかというと新しい方の団地だったので年齢層は40~50代の人が中心でしたよ。

>私をいつも『僕チャン』扱いで見ているようです。(-_-;)
それだから、いつまでも青年部でいられるんですね(笑)
親の介護問題、ウチは夫の両親が87と81で義妹と同居しています。二人とも痴呆の症状は無く自立して生活はしていますが、一軒家に住んでいる為に冬の除雪の問題とかが困りものです。現実として同じ札幌市内だけど家が離れていることや私の夫は休みが少なく労働時間も長いし私も働いているしで親の面倒を見ることはあまり出来ないです。義妹が同居していると言っても、もし介護が必要な状態になったらどうしたらいいのだろうと時々考えてしまいます。
2004-11-13 06:36 : NAOJI URL : 編集
>NAOJIさん
やはり同じような悩みを抱えてらっしゃるのですね。
頑張らなくちゃね!

>冬の除雪の問題とかが困りものです

そういえば、お年寄りの家の除雪はなんとかボランティア活動を募ってやっておりますが(私はやってない)ウチの付近は路上駐車が多く除雪車による作業に支障をきたしております、
一軒家に住まわれてるお年寄りがもし何かあった時、救急車や消防車が入っていけないので我々がその車両に張り紙で注意を促しておりますが、あまり効果ないですね。


家族が介護を必要になった時、配偶者であったり、娘であったりする女性は、
やはり『犠牲』ったらおかしいですが、給与所得の関係でやらざるをえなく、大変だと感じてます。
話が幼稚ですが、これが、核家族形態でなくブッシュマンのような部族だったら少しは楽かな?なんて時々考えちゃったりしちゃってます(-_-;)
悲観してばかりなく何事もプラス思考でいければいいですね!
2004-11-13 08:18 : akkun URL : 編集
« next  ホーム  prev »

お知らせ

  

FC2カウンター

月別アーカイブ(タブ)

本日の一曲

The One Who Needs You - indigo jam unit feat. Alicia Saldenha
サッポロシティージャズでもナイスな演奏を聴かせてくれましたが、10月10日にも狸小路のmoleにてライブがあります。プロモは9月2日のニューアルバムにアリシアがVOで参加した音源 良いです(^^)

Runner's Blog

最近の記事+コメント

ブログ内検索

メールです

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。