スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

トレラン三昧の二日間

ここんところずっと忙しい毎日でしたが、久しぶりの2日完全オフの土日は、見事な五月晴れに恵まれ思う存分自然の中でトレイルランをしてきました



5/29土曜日は
リンダ リンダ リンド~♪


銭函天狗岳周辺の林道の延長線ともいえる春香山への春香小屋ルートの林道約16.8kmのルートをトレイルランして来ました

春香小屋~銭函峠~春香山のルートマップ

IMG_2199.jpg


銭函の桂岡からのルートが一般的ですが、今回は定山渓国際スキー場手前から入ります
冬に奥手稲山へスノーシューでトレッキングで二度訪れたっきりですが、夏道は今回初めて。地図を持ってるし時間もたっぷりあるので、いたってお気楽モード♪


幅員が広いのでシングルトラックを好むランナーにはちょっと物足りなさがありますが、林道脇を流れる川のせせらぎや野鳥のさえずる声がとても耳に心地よい (^^♪

春香林道


計画はルート途中の分岐から銭函峠経由でピークハントし、帰りは林道一直線で帰ってくる予定でしたが、銭函峠手前でのいくつかの分岐で道を誤り、ルートがが判らなくなり迷走しちゃった(笑)

IMG_2213.jpg


地図は持って来ましたが、大事な磁北線を入れとくのを忘れてしまったのです(^_^;)
熊クンが出没しそうなこんな山奥で迷ってしまったらマジやばいので、印を付けた一つ一つの分岐を最初まで戻り、銭函峠は復路に通ることに・・・

かなり回り道したように感じましたが、あっという間に銀嶺荘の上の山頂への分岐点に到着
ここから山頂までの直登りはグチョグチョなので転ばないよう慎重に進み、最後のルンゼをよじ登りやっと山頂についた!

haruka2010_5_20100531160633.jpg

<山頂からの動画です>
動画:春香山山頂2010_5


山頂には若い女性が4、5人(@_@)
単独で駅から歩いて登ってきた方もいて、登山ブームなんだなぁって実感しました。

若い人たちとの会話は楽しかったですが、変なおじさんと思われたら困るので、そこそこにして、握り飯を口にほお張り、気合を入れて下山開始!

銀嶺荘

復路では誰とも会いませんでしたが、幸いにも迷うことなく銭函峠経由で戻れました

haruka峠


ココを走ってみての感想は、全般的に林道は比較的緩やかな傾斜なので僕のようにメタボなトレイルラン愛好者にはうってつけかも

[今回撮った写真のスライドショーです]




5/30日曜日は
軽装で縦走!

小樽塩谷丸山~小樽天狗山縦走ルートマップ"
※塩屋駅から塩谷丸山山頂まではGPSデータが飛んでなくなりました

前日の疲れが多少ありましたが、朝から見事な快晴
2日目はもう少し難易度の高い小樽塩谷丸山~小樽天狗山まで約15kmを縦走してきました

IMG_2246.jpg



このルートは2年前に石川弘樹さんのトレイルランのイベントに参加し、小刻みのアップダウンにノックアウトされてしまい、終盤にはヘロヘロになってしまいましたが、今回は景色を楽しみながら、急な登りは早歩き、緩斜面と下りはランでのんびりと楽しんできました

11時過ぎに小樽駅から塩屋駅までへJRで移動したのですが、昼前にもかかわらず、駅は某登山関連のコミュニティーの方々などで賑わってました

11時21分発のJRに乗り、一駅乗車で程なく塩屋駅に到着後、軽く登山口までジョグで移動し、さあ戦闘開始!

最初はルンルンでしたが、勾配が次第にきつくなると息があがるがトレッキングポールを使い4つ足でがんばる。

IMG_2247.jpg


恐らく身なりでトレイルランだって気づいたんでしょう、下ってきたお年寄りの男性に「オイオイ!歩いちゃダメだ!」と激を飛ばされた(笑)

IMG_2253.jpg

ヒイヒイいいながらやっとたどり着いた山頂は大賑わい(^^♪

IMG_2260.jpg

<山頂からの動画です>
[広告] VPS

大勢の方たちが素晴らしい景色を堪能しながら昼食タイムしてました

2日連荘だったので少々お疲れ気味でしたが、ここはまだ工程の1/3。休憩もそこそこにし握り飯をほお張り、セカンドステージへ・・・
IMG_2266.jpg


急坂を駆け下り、ここからは小樽天狗山へのアップダウンのシングルトラックです

途中MTBの方2人とすれ違いましたが、トレイルランの醍醐味を存分に味わえ無事小樽天狗山に到着~

IMG_2287.jpg

ここからは、一部ダートになったスキー場のコースを使いますが、最後の力を振りしぼり、登山道をマリオのようにかっ飛んで下山


<途中にある皇妃2600年記念のモニュメントと仏像です>

IMG_2292.jpg


IMG_2291.jpg


IMG_2290.jpg

【今回撮った写真のスライドショーです】


この2日間は走力不足をつくづく感じましたが、歩いても走っても自由気ままに楽しめるのがトレイルラン♪
でも、もう少し体を絞って、ここのコースを余裕を持って走りきれるようになりたいな~



スポンサーサイト
2010-05-31 21:12 : トレイルラン・登山マラソン : コメント : 2 :

アイガー北壁観てきました

top.jpg


山岳映画は昨年の「劔岳 点の記」以来かな。。。

この映画は1936年のナチス政権下で若き登山家が挑んだ、前人未到のアルプス名峰“アイガー北壁”に挑んだ実話です

始まってから聞きなれないドイツ語の発音にしばらく馴染めませんでしたが、純粋に登山を愛する人や取材する記者、資産家達それぞれの立場や心理状態が上手く表現されており、映画の中にどんどん引き込まれていきました

アルプスの美しい風景とは裏腹に、後半から終始手に汗握る迫力ある登攀シーンの連続には、もうドキドキ(@_@)
麻のザイルで振り子トラバースしたりアイゼンなしで雪渓をピッケルで切り込みながら少しづつ登る、気の遠くなるような行程だったんですね

悲しい壮絶なストーリーには時折涙がこぼれましたが、プライドを捨てる勇気とあきらめることの難しさ、命の大切さというものを考えさせられました

山に登らない人にもお勧めのしたい映画です



2010-05-15 21:55 : 音楽/映画/ : コメント : 0 :

佐渡裕さん、凄いなぁ

自分とほぼ同じ年齢なのですが、指揮者の佐渡裕さんがベルリン・フィルの定期公演に出演が決定しましたね!

会場は同楽団の本拠地フィルハーモニー(ベルリン)。演奏曲目は、故・武満徹作曲『フロム・ミー・フローズ・ホワット・ユー・コール・タイム』、ショスタコーヴィチ作曲『交響曲第5番』を予定しているとのことです

しかし凄いですね~
邦人として小澤征爾さん以来2人目となるわけですが、世界最高峰のベルリンですよ!ベルリン!(^^)!

彼は毎週日曜の朝の『題名のない音楽会』の司会としてもおなじみですが、汗だくになりながら、ダイナミックに体全体で表現する指揮はとても印象的です

そうそう、予定されてるショスタコーヴィチ作曲『交響曲第5番』は僕の今まで聞いた交響曲の中で一番大好きな作品です
第4楽章は何十年も前に僕が吹奏楽コンクールで演奏したことがある思い出の曲ですが、スコアブックを買ってレコードが擦り切れるくらい聴きまくりました。

佐渡裕さんのニュースを聞いて、思い出したようにここ2日間は久しぶりにヘビーローテーションで聴きまくってます

佐渡裕さんが故レナード・バーンスタイン最後の愛弟子ということもあり、彼が1979年にNew York Philharmonicで指揮した音源全曲を載せてみました

・第一楽章はドラマチックな展開が印象的ですが、後半のホルンとフルートの掛け合いがとても美しい

・第二楽章では木管楽器の躍動感あふれる旋律に思わず体が動いてしまう(笑)

・第三楽章では長く重苦しく悲痛な響きに満ち溢れてます

・第四楽章ではティンパニーのリズムに金管楽器がユニゾンで奏でる力強い主旋律が心の底からエネルギーが湧き上がるようです


☆ ショスタコーヴィチ
交響曲第5番 ニ短調 作品47



<第一楽章>
Moderato - Allegro non troppo 4/4拍子 ソナタ形式 ニ短調









<第二楽章>
Allegretto スケルツォ 3/4拍子 複合三部形式 イ短調






<第三楽章>
Largo 緩徐楽章 4/4拍子 特殊な形式 嬰ヘ短調








<第四楽章>
Allegro non troppo 4/4拍子 特殊な構成(三部形式に近い) ニ短調




2010-05-14 00:51 : 音楽/映画/ : コメント : 6 :

〝運命のボタン〟観てきました

運命のボタン
    <公式サイト>

「押す、押さない」の予告編がどうも頭にこびりついて離れなかったので、昨日のランから帰宅してから速攻で運命のボタンという映画を観に行って来ました

ボタンを押すことにより見知らぬ誰かが死ぬ代わりに100万ドルを受け取ることが出来るというわけのわからないサスペンスなストーリーに内心ワクワクしながら上映開始直前に劇場に滑り込んだが。。。


物語は起爆装置のようなボタンのついた木製の箱が早朝に玄関前に配達されるところから始まるのですが、このボタンを押したことにより現金が受け取れるが、リスクとして恐らく殺人犯人に仕立て上げられ、さあどうする!

という緊迫したストーリー展開を勝手に想像してましたが、物語が進むにつれ、えっ?ちょっと待って!
火星?NASA?人類滅亡?これってSFだっけ?

話がどんどん飛躍するし、伏線も多い
僕はだんだん物語の本質が判らなくなってしまった

期待をことごとく裏切られてしまうストーリーに軟弱な頭ではとても理解できません(@_@)

原作はアメリカで人気のあるSF作家のリチャード・マシスンが、1970年に発表した短編小説らしいいですが
雰囲気がスティーブン・キングに似てるかも。。。

話はそれますが彼の〝グリーンマイルや〟〝マングラー〟は大好きです

主人公を巻き込んだ負の連鎖がどんどん続くなかで、彼らにいくつかの究極の選択を課せられ、ラストは家族の愛の力で見事それを乗り越え、〝ハッピーエンドで、はい終わり〟といういかにもアメリカ的な展開を期待してましたが、それも見事に裏切られ、不条理な結末にとうとう不完全燃焼のまま終わってしまいました(笑)


シアターキノにアイガー北壁を観にいけば良かったとちょっと後悔したのであった(^_-)



2010-05-10 11:42 : 音楽/映画/ : コメント : 0 :

恒例の円山公園花見ラン

IMG_2170.jpg

今日は暖かくて賑やかです

クゥ~ッ
飲みてぇ~(^O^)

<追記>
ということで毎年恒例の花見ランしてきました
花見がメインということでルートはいつもと逆周りで自宅→円山公園→小別沢トンネル→大倉山→三角山→自宅
の約17キロのコース
日差しはポカポカでもひんやりした風がとても心地よく、普段より軽快に走れました

しかし、運動不足はウソつかな~い!

円山公園を越え、グイグイ登る坂道にとうとう小別沢トンネル手前で足が絶えられなくプルプル^^;

やむなくトンネル手前からよこして山ふもとまでゆっくりと登った後は、尾根伝いに一気に三角山登山口まで気持ちよく駆け抜けました

ここまで来たらあとは、自宅までなだらかな下りのジョギングです
スタミナ的にチョッと心配でしたが、何とか帰還できました




2010-05-09 12:02 : トレイルラン・登山マラソン : コメント : 0 :

あっという間の5連休




数年ぶりに市外に出なかったエコな毎日でしたが、とてもリフレッシュできました

1日は藻岩山を久しぶりのトレイルラン♪

所々残雪がありましたが、久しぶりに負荷のあるランニングを楽しめました

山頂のもいわ山展望台はリニューアル工事のため閉館しておりましたが、水道の蛇口は止められておらず、汗だくの顔を洗うことができ、ラッキー(^^♪

登りは長期のブランクのため歩きが多くなってしまいましたが、下りはパワーアップした重力が功を奏し、またたくまにスピードマックス・・・
数回転倒しそうになり、チョッとヤバかったです(笑)

2日も登りました
屋根に(笑)

IMG_2160.jpg

自宅はまだ築16年なのに雨量の多いとき、情けないことに時々雨漏りしまうので、補修のためのコーキング作業と、地上波と衛星アンテナの補修とメンテナンスでした

快晴じゃなかったので遠くは望めませんでしたが、ここは自宅で僕の一番好きな場所。
涼しい時期の晴れた日はとても気持ちいい

危ないから飲めませんがここで一杯やったらサイコーだなー

3日は写真はないですが、かみさんと久しぶりに三角山へGO!
ゆっくり、大蔵山までを往復してきました

驚いたのは涼しい顔をして後ろからスタスタと付いてくるかみさん(@_@)
安静時心拍数が低いからなのかもしれませんが、ランニング始めたら負けるかもしれません
家庭以外で久しぶりに脅威を感じました(笑)

4日は再び藻岩山
久しぶりにまゆちゃんとトレイルウォーキング
展望台施設が閉館でもやはり札幌市民の愛する山
多くの登山客でにぎやかでした

IMG_2156.jpg

山頂では快晴に恵まれ、遠くの山々まで見渡せラッキー♪

5日は天気が崩れる前に屋根の再点検と宿題レポートの作成をとっとと終わらし、桑園のジャスコ内の釧路ふく亭で息子と3人でランチ
今日はこどもの日ということで奮発!

息子はストロングな天丼と鉄火丼とうどんとそばの四種割り子セット

IMG_2157.jpg

見ただけでゲップがでます(笑)
自分とかみさんははヘルシーに生チラシとそばのセット

IMG_21581.jpg

食後に食料品売り場で夕食の買出しをしましたが、満腹でどれもこれも美味しそうに見えない・・・

しまったと思っても後の祭り
しょうがなく特売で10円だったもやしと納豆、たまごを買って帰宅しました(笑)

明日から週末までまた戦争だ!
がんばるっちょ!(^^)!
2010-05-05 21:30 : 登山、アウトドア全般 : コメント : 2 :
ホーム

お知らせ

  

FC2カウンター

月別アーカイブ(タブ)

本日の一曲

The One Who Needs You - indigo jam unit feat. Alicia Saldenha
サッポロシティージャズでもナイスな演奏を聴かせてくれましたが、10月10日にも狸小路のmoleにてライブがあります。プロモは9月2日のニューアルバムにアリシアがVOで参加した音源 良いです(^^)

Runner's Blog

最近の記事+コメント

ブログ内検索

メールです

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。