スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

海商 東苗穂店(激安ランチ)

海商ランチセット(海鮮丼)

食べ放題は何度もありますが、今日は夏休み中の息子達と待ち合わせて平日限定激安ランチを食べてきました

昼間の2時間限定だけあって、きっとごった返してるのかな?
って思いながら店に入ると、意外とスカスカ♪
パワー充填中の企業戦士30名ほどが昼間から焼肉を突いてました(^^ゞ

入り口の券売機を値札をみると
9種類あるランチセットが600円~800円
焼肉や握り寿司、各種惣菜、汁物、デザートが食べ放題のランチバイキングが1000円

家族で顔を見合わせてチョッと迷いましたが
店一番人気の600円の海鮮丼とサーモン丼にしました

飲み放題のソフトドリンクをチビチビ飲みながら待つこと約10分
トレーに乗った、まぐろ、海老、蟹、帆立、ホッキ、いくら、サーモンがびっしり敷き詰められた丼と、ポテトサラダ、お新香、味噌汁が運ばれてきました
マグロは少し薄かったけど600円でこのボリュームは安っ!

大盛は無料とのことでしたが、食べ盛りの息子たちは普通盛りにもかかわらず「もう食えねぇ」とギブアップ!

いや~ウマかった(^.^)
お蔭様で血流が胃袋に集中し、午後からの仕事は企業戦士ならず眠気戦士と相成りましたた(笑)


[レストラン 海商 東苗穂店]
札幌市東区東苗穂1条2-3-29 
011-784-7373
ランチ(平日12時~14時)

・海鮮丼 600円
・サーモン丼 600円
・ラーメンセット 600円
・つけ麺セット 600円
・Aセット(焼肉+エビフライ)600円
・寿司+ミニラーメンセット 700円
・Bセット(寿司+焼肉)700円
・鉄火丼 800円
・いくら丼 800円
・ランチバイキング1000円
(全品ソフトドリンク飲み放題付)
スポンサーサイト
2009-07-29 18:23 : 食、グルメ : コメント : 3 :

町内会夏祭り

20090726131710


早朝から雨の洗礼を受けてしまい、設営しながら不安だった天気ですが、やっと回復してホッとしてます

お客さんも大勢来てくれて嬉しいぜ(^^)
2009-07-26 13:17 : 生活 : コメント : 0 :

幸成丸北29条店

SN3D0201.jpg

次男の誕生祝いを兼ね家族4人で食事に行ってきました

自宅近くのこのお店
今回はネットからプリントしたクーポン券利用したのですが、
サービスで出てきたお通しの新鮮な刺身盛りを見るなり
皆一斉に「スゲー!」
新鮮な海老、イカ、帆立、つぶ、が桶にドッサリなんです!

サービスだけに、そんなに期待してなかったことので、皆大喜び

飲み放題をプラスし新鮮な海の幸はもとより串焼きもたら腹食べましたが、中でも驚いたのはこの↓レバ刺しの新鮮なこと・・・

SN3D0202.jpg

これまでいろいろたくさん食べてきましたが、新鮮なホタテのようにコリコリとしたレバーはありません。

ゴマ油ベースのタレにねりわさびをつけて食べるのですが、これがもう絶品!

後半では自慢のもつなべに続き、最後はもちろん握りでシメましたが、どれもが美味しく幸せでした

SN3D0204.jpg

会計は4人でたらふく食って1万1千円ほど・・・
メチャ安かったです(^^♪

2009-07-25 23:17 : 食、グルメ : コメント : 0 :

今月2度目の大雪山・花紀行~

IMG_1787.jpg

7月も残すところあと1週間ほど・・・

北海道の短い夏も暑くならないまま過ぎ去ってしまいそうですが、わずかな期間を、生命を後世に引き継ぐため一斉に咲き乱れる花々を楽しみに、18日土曜日は相棒を連れて大雪の屋根を散歩してきました

この日はラン仲間も日帰りでこの付近を周る予定との情報
密かにサプライズを演出しようと6時始発の層雲峡バスターミナルを眺めても「あれ?」それらしき人影が見当たらない

天気が下り坂なので旭岳に変更したのかな?と考えながら黒岳ロープウエーに向かう

前日トムラウシや美瑛山で遭難事故があったせいか、改札口は4日に比べてガラガラ…
天気予報を再確認しましたが、夕方までは荒れる心配がなかったので、今回も御鉢平をゆっくり周ることにしました

IMG_1776.jpg

登山口の売店では可愛いエゾシマリスが出迎えてくれました!
IMG_1779.jpg


登山道に残る雪渓も大幅に少なくなってましたが、今回はポールを使い楽々山頂に到着

石室まで降りた後はゆっくりと御鉢平を時計回りに移動

IMG_1783.jpg

北海岳へ向かう途中の赤石川にかかるスノーブリッジは、キレイに溶けてなくなってしまい、浅いけど激流と化してました。
シューズを脱いで裸足で渡ると頭のてっぺんまで冷たさがキンキン伝わります
真夏の炎天下ではさぞかし気持ちいいでしょうね

IMG_1786.jpg

北鎮岳の斜面に広がる白鳥雪渓が確認できました
何度見ても美しいです

IMG_1790.jpg

北海岳へ向かう途中、白雲岳避難小屋へ向かう複数の方と会いましたが、天気が下り坂なので今日も小屋の中は大盛況なんだろうな

北海岳山頂には昼ごろ到着
このあたりから雨がポツポツ当たるようになったので、雨具を上下着込み、ゆっくりと稜線を歩きいたせいか黒岳山頂に戻ったらすでにもう5時…

IMG_1793.jpg

ロープウエーの最終便に遅れてはまずいとダッシュで下山しました~

山を愛する者として、このたび大雪山系で亡くなった方々のご冥福をお祈りします。
2009-07-22 11:51 : 登山、アウトドア全般 : コメント : 2 :

バンフマウンテンフィルムフェスティバル2009





毎年11月にカナダのバンフで行われるアウトドア映画祭で世界30ヶ国から応募された300本以上の作品から厳選された最高の作品10本が今年も上映されます

今秋も9月から11月にかけて全国7都市(東京・松本・福岡・名古屋・大阪・札幌・仙台)で開催されますがその映像の迫力たるやサンプル画像見るだけでもビンビン伝わってきます

この機会に山岳をはじめとした様々なアウトドアスポーツの楽しさ、厳しさ、美しさ、そして知られざる秘境に住む人々の生活や文化、大自然の恐ろしさや脆さを、身近に感じてみるのもいいかもしれませんね(^^♪
A,Bそれぞれのプログラム10本を一度に見るのはキツイかもしれませんが、チケットが安いので興味のある方はどちらかだけでも是非ご覧になってください!


開催場所と日程

■札幌 2009年11月14日(土)
 会場 :道新ホール

■チケットの種類
2プログラム制
(全10本のフィルムをプログラムAとBに分けて上映)
<プログラムAB共通 チケット> 前売/当日:¥2,000
<プログラムA チケット> 前売/当日: ¥1,200
<プログラムB チケット> 前売/当日: ¥1,200
★乗鞍高原:シングルプログラム制(これまで開催したフィルムの中から人気の作品と新作をミックスし5本上映)
<プログラムN チケット:乗鞍高原> 前売/当日: ¥1,200


■チケットの販売
8月1日より、全国14店舗のパタゴニア直営店、
チケットぴあにて販売開始予定。
詳しくは公式WEBサイト(http://www.banff.jp/)
にてご確認ください。

パタゴニア直営店
札幌店、仙台店、東京・渋谷店、東京・目白店、
東京・神田店、横浜・関内店、鎌倉店、名古屋店、
大阪店、神戸店、福岡店、アウトレット札幌店、
ベイサイド・アウトレット店、アウトレット江坂店
2009-07-16 22:53 : 登山、アウトドア全般 : コメント : 0 :

苫小牧市民文化公園

BubbleShare: Share photos - Easy Photo Sharing


今日は終日苫小牧、。朝から濃霧で寒かったです

朝8時に息子の剣道の段位審査の会場となる苫小牧市立総合体育館に到着

観覧席を確保し、開会式が始まるまで他の親御さんと話したりし時間を過ごしました

外はあまり天気もよさそうではないし、どうしようかととりあえず外に出て周囲を散策してビックリ(@_@)

総合体育館だけではなくここ一角は市民文化公園といって、散策路、図書館、サンガーデン、博物館などがすべて揃ってる人とのふれあいや安らぎを与えてくれる公園でした

駐車場も広く、ジョギングをしている方もチラホラ
コースは短かったですが、適度なアップダウンのある散策路を1時間くらいジョギングしてみました

帰りにサンガーデンに入ってみると、ガラス張りの天井はとても明るく植物園のようで、ハイビスカスがにこやかに微笑んでました

IMG_1772.jpg

午後からは図書館で読書タイム♪

でも昼食後に本は読むもんではありませんね!
睡魔と対決しながら活字を追ってましたが、気がついたら深い眠りに入ってまった(^^ゞ

お蔭様で息子は3段合格しましたが、なんか久しぶりにマッタリとした一日でした~
2009-07-12 21:04 : 生活 : コメント : 7 :

札幌ふれあいの森

IMG_1757.jpg

今日は相棒と軽くトレッキング♪
白旗山のふもとににある札幌ふれあいの森に行き、露に濡れる散策路のアップダウンを楽しんだあと近くを流れる有明の滝ウォッチングしてきました

1mほどしかない小川から垂直の岩肌をしぶきを上げながら流れ落ちる様は、ダイナミックというにはほど遠いですが、天然のマイナスイオンタップリって感じでとても気持ちよかったです


2009-07-11 21:25 : トレイルラン・登山マラソン : コメント : 0 :

黒岳~御鉢平一周と中岳温泉と北鎮岳

大雪御鉢平

7月3日の晩から4日の土曜日にかけて
大雪の山々を周ってきました

黒岳7合目~御鉢平一周と中岳温泉と北鎮岳登山
距離 : 17.4km (徒歩で約8時間45分)
高低差 : 719.0m


札幌を午後6時に出発し上川町の妻の実家に寄り夕食を頂いたあと層雲峡温泉まで移動。
水洗トイレや自販機のある層雲峡駐車場に車を止め、車中泊の準備をする

広い駐車場には観光バス以外乗用車は6台位しかおらず、
ガラガラ・・・
それぞれの車間が30mほど離れていて快適そのものでした

9時になり寝酒の缶ビール一缶空け目をつぶるが、車内が暑くなかなか寝付けない
狭い後部座席シートでの屈葬スタイルも心地よくないが、一晩だけの辛抱

山ということもあり、蚊が気になったが、少しだけ窓を開けるとスーッと深い眠りにつけた

しかし深夜になると凍えるほど寒い。慌てて寝袋を開き、包まる

3時40分に起床し傍のコンビニで暖かい味噌汁とご飯の朝食を摂り、6時始発のロープウェーに乗るまでの間をマッタリと過ごしました

ロープウェー


100名ほどの観光客の団体さんが山麓駅にいましたがなんとか始発に乗れ、リフトも乗り継ぎ一気に黒岳7合目に到着

ニセイカウシュッペ山

途中展望台から見えるニセイカウシュッペ山がきれいだ

6時45分に記帳を済ませ登山開始
いきなり急勾配の雪渓の歓迎を受けキックステップで登る
まだ雪が硬いが帰りはスッ転びそうな予感。。。

IMG_1656.jpg


正面にマネキ岩が見えたら山頂はもうすぐ
50分間はあっという間でしたが、随所に可憐な花々が咲き乱れとても綺麗でした

IMG_1663.jpg

山での楽しみは、初めてお会いした方々との会話
しばし、山頂でいろいろな方と今日のスケジュールを交換しあう
知らないランナー同士が、すぐ打ち解けて会話してしまうのと同じ感覚だ

IMG_1670.jpg

他の方々はこのあとどうするのかな?って様子を伺ってたら、石室まで行って引き返す方や北鎮岳を往復する方、旭岳へ向かう方、御鉢平周りする方、このまま引き返す方さまざまだ

IMG_1675.jpg

どの方もつぼ足ということもあり、雪渓を気にしてるようだ
自分は他の人とは違い、時計回りに北海岳方面から攻めるので、まずは北海沢を流れる赤石川を渡れるのかどうかとても気になった

IMG_1676.jpg

まあ、冷たいけど深くなさそうなので靴を脱いで渡ってもいいべ~
なんてお気楽に考えながら、黒岳石室までガレ場を下る
脇に転々と咲き乱れるチングルマが可愛い
もう少しすると花びらが散って花柱が伸びて、クルクルとした羽毛状になるんだろうな

IMG_1678.jpg

石室分岐からは左折し北海沢の大雪渓へ向かう
空は飛び切りの快晴でとても気持ちよい
前も後ろも誰も歩いてないが、丁寧に雪面にルートが赤くマーキングされてるのでガスがかかっても大丈夫そうだ
しばらくすると青白い流れの赤石川に掛かるスノーブリッジを渡れた

IMG_1684.jpg

今日初めて前からテクテク歩いてくる若者と会う
大学生だろうか…白雲に2泊しこれから石室に泊まりに行くそうだ
こんな朝早くから石室で何するんだろう…

IMG_1688.jpg

いよいよ北海岳への登りが始まる
左手に烏帽子岳と赤岳を眺めながら上部にゴツゴツとしたクジャク岩を眺めながらトラバースし、緩やかな尾根に取り付くと、まもなく北海岳(2149m)山頂到着
対岸の北鎮岳(2244m)を眺めると上空にはガスが出始めてきた

IMG_1695.jpg

この景色も昼過ぎまでかな。。。なんて感じながら松田岳、荒井岳へと進む
このあたりは起伏も少なく道は砂れき状なので、思わず走る衝動に駆られましたが大雪はさすが北海道の屋根。スケールも美しさも一流です
今回は何年かぶりにゆっくりと壮大な山々の展望楽しむことにしました

IMG_1699.jpg


[高画質で再生]

大雪山御鉢平 [アフィリエイト]


そうこうしてるうちにあっという間に間宮岳分岐点到着
続々と旭岳方面から縦走してくる方とすれ違います
ここには数人が座れるベンチがありますが、時間がもったいないので補給は常に歩きながら行いました

IMG_1705.jpg

あっという間に間宮岳(2185m)山頂通過
このあたりがちょうど中間点となるんでしょうか、石室分岐点で別れた方々とすれ違います

IMG_1707.jpg

ここから中岳分岐点までずっと下りが続きますが、時間に余裕があるので分岐から中岳温泉まで
足を延ばすことに…

IMG_1717.jpg

分岐からさらに下りが続きますが、ガレ場を過ぎハイマツ群に差し掛かったとき左からガサゴソ!っと小動物が動く音がした
何だろう?と思わずカメラを構え様子を伺うと、二羽の鳥が右のほうに飛び立った
恐らくつがいなんでしょう。
よく見ると、ラッキー♪
全国各地よりカメラマンがその生態を撮りにくるという稀少種の『ギンザンマシコ』という野鳥でした

<ギンザンマシコとは?>
氷河期の証人とも呼ばれるギンザンマシコは、北海道の高山帯でのみ繁殖が確認されており、もともとユーラシア~北米大陸など高緯度の地域に生息していて、数万年前の氷河期に北海道へ渡ってきたと考えられています。
その後、氷河期が終わり、徐々に低地が暖かくなり始めると、寒い環境を好むギンザンマシコは行き場を無くし、高山帯へ取り残されることになりました。
このことから、過去に氷河期があったことを示す証人とも呼ばれています。



そう簡単にお目にかかれないと思っていたので、とても嬉しかったです

IMG_1718.jpg

その後ずっと下り、中岳の中腹の崖の下にこんこんと湧き出る中岳温泉に到着
ここは硫黄の匂いが立ち込める源泉100%のかけ流し温泉だ~
すでに5名ほどが足湯を堪能してたが、湧き出る約70℃の温度調節は雪解け水を利用してるのだ
石で入り込む水の量を微妙に調節するのが難しい
周りの登山客と楽しい会話をしながら、なんと20分近くも足湯入浴してしまった(^^ゞ

IMG_1720.jpg

すっかり温まり足軽になったのか急な上り坂を駆け上がるフットワークも軽やか
あっという間に崖の上まで駆け上がった

IMG_1728.jpg

中岳分岐点から一度下り、中岳まで登るがすでにガスが立ち込め始めてきた
北鎮岳分岐から北海道で2番目に高い山『北鎮岳』に登ろうか迷ったが、せっかくなので登ることに

IMG_1730.jpg

砂れきで足場の悪い急斜面を400m登ると周りはガスでなんにも見えない山頂到着
山頂から眺める神々の山の雲海を期待したたが今回は残念ながら×でした
しかし、ここは凍えるほどに寒い!
慌ててザックからジャンパーを出して着込む

IMG_1739.jpg

この後は北鎮岳分岐以降黒岳石室までずっと下りが続くのだが、雪渓が急すぎ~
思わず尻すべりしたくなるほどの斜面でしたが、転ばぬようキックステップでかかとから踏み込んで慎重に下ります

IMG_1741.jpg

雪渓を過ぎたあたりからは思わずトレイルランしたくなりました
正面に烏帽子岳や赤岳を眺めながらずっとゆるい下りは絶品です!
走りたい衝動を抑えながらテクテクと雲ノ平を歩く

IMG_1750.jpg

しばらく歩き、ようやっと黒岳石室分岐点まで戻ると気温が高くまた暑い(^^ゞ
ジャンパーを脱ぎ黒岳山頂までガレ場を登る

IMG_1751.jpg

山頂でまたまた他の登山客と歓談
夕張岳で熊に出くわした話など面白おかしく聞けた

ここから7合目まで下るが、雪解けで湿った登山道は朝と違いとても歩きづらい
おまけに雪渓では踏み抜くし、ザラメが進みスッ転びそうで一歩一歩慎重に降りた

IMG_1754.jpg

この時点で午後3時近くになってるのですが、驚いたのはツアーで30名位の団体が山頂目ざして
登って来てるのですが、一番後ろからカバンを担ぎ上下スーツ姿で足は革靴。雪渓でヨタヨタしながら登ってくる
若い添乗員の方とすれ違いました。
そんな無茶な!なんで?と思い、声をかけてみると関西なまりで「油断して甘く見てました」とのこと
本州の名峰だったらそんなことも可能なのかもしれませんが、無謀すぎる行動に気の毒なやら呆れるやらでした

その後も慎重に下って無事3時半に7合目登山口に到着
8時間45分の山行きでした

その後はリフトとロープウエーを乗り継ぎ、無事山麓駅へ…
黒岳の湯で汗を流した後、無事札幌へ帰還しました


<フォトアルバムです>




<ルートです>




2009-07-05 22:21 : 登山、アウトドア全般 : コメント : 2 :

中岳温泉

20090704112521
今日は黒岳からお鉢を時計回りで縦走してますが、時間的に余裕があるので、中岳分岐から中岳温泉までチョット足延ばしてみました

硫黄の匂いプンプンのいい湯です(^^)

こんな山奥なのに圏外じゃないんですね!
ここからモブログ出来ると思いませんでした~
2009-07-04 11:25 : モブログ : コメント : 0 :

無意根山2009

無意根山
             <今回のルート>

ずっと登山やトレイルランの報告ばかりですが、先週の土曜日は昨年に引き続き札幌の奥座敷で一番景色のよいと思われる無意根山に行ってきました

この山は薄別と豊羽鉱山との2ヶ所の登山口がありますが、薄別側からは無意根小屋より上は数年前から立ち入り禁止となっており、前回は豊羽鉱山側からの元山コースを登りました。
今回も同じコースで行くつもりで定山渓から車で進んでいくと、あらら。。。
土砂崩れで途中から一般車は通行止めの看板がアチコチにあるではないの…

こうなったら自分もランナーの端くれ
車をデポできるところから走っていけばいいじゃん!とポジティブにどんどん突き進む
しばらくすると豊羽鉱山事務所から約1.5キロ手前にゲート出現

皆、ここから歩いていったんでしょうか、広場には乗用車4台とりんゆう観光のチャーターしたバスが停めてありました

身支度を整えていざ出陣!

土砂崩れの現場を通過し、あっという間に登山口到着
情けないことにメタボな体には、たったこれだけの道のを走っただけで少々堪えてしまいましたが、これしきでへたばってたら翌週のカムイミンタラには行けん!と気合入れて序盤の急坂をよじ登る

あっというまに心拍数は180を超え、汗も間欠泉のように噴出す

しかし、なんでこんなに虫が多いの?

軒先の空気がよどんでるところに、ブヨ蚊のような子虫がブンブン飛んでるのをよく見かけると思いますが、風が弱いせいかその状態が永遠と続きます

これじゃ、口を空けて歩けんわい(^_^;)

必死で走れるところは走り、千尺高地まで休憩なしで進みましたが、そこには、30名くらいのりんゆう観光ツアーの団体さんが休憩中でした

IMG_1627.jpg

ここからも小虫との闘いを強いられながら、薄別コースへの分岐までがんばることに

途中大沼、小沼を眼下に見下す絶景にみとれながら程なく分岐点到着!

IMG_1634.jpg

すると、今度は20名程の学生たちが休憩しており、結局頂上まで撮影時以外は休憩なしで登ってしまいました

1464mの頂上はとても涼しくて楽園♪
今回も中岳越しに眺める羊蹄山は美しかったです

IMG_1646.jpg


下りはなるだけ走るようにしましたが、足首に疲労が出てしまったせいか、チョコチョコ捻る場面も出てヤバイヤバイ

やはり山を走るときはテーピングで外反、内反をロックしたしたほうが良さそうだ

これから表大雪巡り出発しますが、明日は遠くまで見渡せるくらい晴れたらいいなぁ



2009-07-03 16:58 : 登山、アウトドア全般 : コメント : 0 :
ホーム

お知らせ

  

FC2カウンター

月別アーカイブ(タブ)

本日の一曲

The One Who Needs You - indigo jam unit feat. Alicia Saldenha
サッポロシティージャズでもナイスな演奏を聴かせてくれましたが、10月10日にも狸小路のmoleにてライブがあります。プロモは9月2日のニューアルバムにアリシアがVOで参加した音源 良いです(^^)

Runner's Blog

最近の記事+コメント

ブログ内検索

メールです

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。