スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

今日は帯広です



今週末は土日で帯広出張なので、最近恒例になってしまってるネタではないですが、札幌を出た時とまったく違う陽気に驚いたのでアップしておきます(笑)

今回も日勝峠越えで帯広に向かいましたが、スパッと切ったように日高側と帯広側の天気は違いました。
今まで雨混じりの曇り空だった天気も峠を越えた瞬間青空に・・・

帯広では昨夜は36センチも雪が積もったようですが、空を見上げるとまさに十勝晴れ!
上の写真で確認できるかわかりませんが、昼には左の山あいから延びる虹も出てて、走ってて(車で)気持ちよかったです(*^^)v

仕事を終えホテルにチェックインすると嬉しいプレゼントが・・・

IMG_1267.jpg

義理とわかっててもチョッとした気遣いが嬉しいですね(^^♪

スポンサーサイト
2009-02-14 20:55 : 旅(出張) : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

奥手稲山(山の家往復)

s-IMG_1259.jpg

久しぶりの週末晴天を迎えた昨日は、山に家がある奥手稲山にスノシューハイクにチャレンジしてきました
定山渓から道道小樽定山渓線に入り、札幌国際スキー場手前までしばらく進むと右手に半分雪に埋もれた春香小屋を発見

s-IMG_1238.jpg

午前10時でしたが、広く除雪されてる駐車場にはすでに4台あまり車が停められており、人気の高さが伺えます

身支度をしてると息子と同年代と見受けられる男女4名の若者たちが国際スキー場からスキーを担いで徒歩で歩いてきた
挨拶を交わすと、どうやら山の家に宿泊するよう・・・

手早く身支度を整え、レッツゴー♪
なだらかな林道をしばらく進みますが、3、40センチの深雪の中を進むのはとても気持ちがイイ~

s-IMG_1239.jpg

しかし、スキーとスノーシューの歩幅の違いはデカイ!
100%のラッセルではないにしても、少し重ための雪の中を20分も歩くと汗ダラダラ(^_^;)
サングラスの内側が水浸しなってしまいました

s-IMG_1243.jpg

1時間ほど進んだところで、奥手稲山への尾根につながる取り付け点を発見! 左の急斜面を直角に登るスキーのトレースがしっかり付いました

s-IMG_1244.jpg

一息ついてからコンパスをセットし、目の前に立ちはだかる急斜面をずり落ちながら必死に20mほど登るが、何故か途中でスキーのトレースはUターンして沢伝いの道に戻ってた(^_^;)

s-IMG_1246.jpg

現在は午前11時。空は晴天だが、往復あと3時間はかかりそう
取り付け点もバッチシだし、天候もまずまずまずだが、チョッと時間が遅い・・
さてどうするべ・・・ しばし悩む

単独で40センチもの深雪を負荷抵抗のあるスノーシューで山頂までラッセルする体力に不安を感じたので、今回は大事をとって山の家目指すことにした


沢伝いの道に戻り、細い沢を何度もスノーブリッジで左右に渡りながら進むと、先行してたらしい休憩してた北大ワンゲル部5名に追いつく

近くで見るとどの子も先ほど会ったグループと同様、我が子と同じ年頃でとても若い(^.^)
今日は山の家の山番で、着き次第屋根の雪下ろしと周りの除雪をするそうだ。もう少ししたら出発するので一緒に行きましょうというので、お言葉に甘えて付いていくことにした

後ろから若い女性たちが泊まりに来るかもしれませんよと伝えたら、妙にテンションが上がってた(笑)
若いっていいなぁ~もう一度大学生に戻りたい(^.^)

s-IMG_1248.jpg

何度もスノーブリッジを渡り、沢がなくなった地点から今度は右側斜面に取り付き、トラバースしていきますが、しばらくすると左手に奥手稲山がはっきりと見えた

s-IMG_1249.jpg

次回はぜったいあそこへ行こう!

室蘭から銭函まで18日間の縦走や北海道マラソンやトレイルランなどの話をしながらしばらく進むと300mの赤い看板が見えた

s-IMG_1251.jpg

雪崩の起きそうな斜面を避け、少し巻いて進むと赤い屋根の山の家発見!

s-IMG_1254.jpg

s-IMG_1255.jpg


ここまで3時間半もかかったのであまり長居は出来ませんが、少しだけ中に入れさせていただきました

s-IMG_1256.jpg

s-IMG_1257.jpg

石炭ストーブの煙突がまっすぐ上に伸びる、3階建ての吹き抜け作りはモダンで中々ナイスです(^^♪
ストーブに新聞紙の焚き付けを入れてるあいだ休憩し、天気が悪くなる前に下山開始!

やはり低気圧が近づいてきてるのか上のほうで風の鳴る音が響いてる

s-IMG_1260.jpg

来た道と若干違うかもしれないが、スムーズに歩け、復路は2時間で無事到着

登りは3時間25分
下山2時間
往復11.6Km


今回もAU携帯の地図ビュアーであしあとデータ取ったがこれは中々便利でした
圏外でもちゃんとほぼ正確な位置のログを記録してたので、データロガーとしても充分活用できると思います

ただ5時間ほどでバッテリーが無くなったので、外部接続用のリチウムバッテリー持ってきて正解でした
復路だけ、トラックデータをカシミールに反映してみました

okute.jpg
<青色:行けなかったルート 赤色:今回往復したルート>


     <復路だけですがALPSLABでのルート>

2009-02-08 15:34 : 登山、アウトドア全般 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

牡蠣はやっぱウマいぜ!



昨日、厚岸の水産物をPRするフェアがサッポロファクトリーで開催されてるのを知り、条件反射でかっ飛んでいってきました

僕は無類の牡蠣好き♪
生でも蒸しても焼いてもフライにしても大好物ですが、特に蒸したものなら、やめられない止まらないカッパ○○せん状態で3、40個はパクパクいっちゃういかもしれません(笑)

昼ごろ会場に着ましたが、試食コーナーにはすでに配布開始時間を待つ大勢の人だかり

厚岸漁協の方の説明では、厚岸で養殖してる牡蠣は
・マルえもん
・カキえもん
・ナガえもん


の3種だそうですが、今回の試食は『マルえもん』でした

IMG_1236.jpg

試食販売を堪能したあと、お土産に生牡蠣でも買って帰ろうかと思いましたが、すでに売り切れ~
残念ですが今回は試食のみと相成りました(笑)

自分の番が来て、お待ちかねの蒸し牡蠣一人1ヶ限定の試食開始♪

そーっと口に含むと中からミルキーでジューシな味わいが口いっぱいに広がり、幸せ~! 名残惜しいですが、味がなくなるまでかみ締めてきました(笑)

新聞にはカキを原料にした北海道限定のスタウト系発泡酒「オイスターブラック」が発売になったとのことですが、どんな味なんだろう~

高くなさそうなので飲んでみたい!
2009-02-02 13:10 : 食、グルメ : コメント : 12 : トラックバック : 0 :
ホーム

お知らせ

  

FC2カウンター

月別アーカイブ(タブ)

本日の一曲

The One Who Needs You - indigo jam unit feat. Alicia Saldenha
サッポロシティージャズでもナイスな演奏を聴かせてくれましたが、10月10日にも狸小路のmoleにてライブがあります。プロモは9月2日のニューアルバムにアリシアがVOで参加した音源 良いです(^^)

Runner's Blog

最近の記事+コメント

ブログ内検索

メールです

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。