スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

マラニック(藻岩山山頂往復)



今日は久々のハーフ超えラン
元気な女性2人に引っ張られながら藻岩山山頂を往復してきました
スタート時には晴れてた空も、登山口を過ぎたあたりから小雪ガちらつき始め
山頂では外界が薄曇り・・・
スコールを浴びたような汗をかいてしまい、寒くて展望台での景色もそこそこで建物へカンバック!
しかし、下山し始めようとした裏手に回ったら、スカっと青空が広がりました
ダウンヒルはもちろんラン♪ 

山麓からは体重が倍になったような疲労感が襲いかかる・・・
次第に言葉数も少なくなり、もはやゾンビ走り
歩きも交えながらやっとこさっとこカンバックホーム出来ました(^^)






スポンサーサイト
2012-03-03 15:44 : トレイルラン・登山マラソン : コメント : 0 :

2011年 新しい武器

IMG_0045_20110325225138.jpg


先週、お陰さまで51回目の誕生日を迎えることが出来ましたが、誰からもプレゼントを貰えなかったので、自分で買っちゃった!
相変わらずロード用のシューズでないところが指摘されそうですが(笑)

昨年のMONTRAIL ATプラスに続いてLAFUMA SKY RACEです

特徴はリアとフロントに別れたストラップ引くことにより、簡単スピーディーに足をしっかりホールドさせるフィッティングシステムの「ツインレース」を搭載

3つの異なる密度のEVAフォームを配置したミッドソールは衝撃吸収に優れております

IMG_0042.jpg

ソールは、蹴り上げ、下りのコントロール性、ねじれの制御など、様々な状況に対応するようレイアウトされてます。

しかし、今まで履いているNORTHやMONTRAILのコンチネンタルデバイドやATプラスのようにトップにストーンガードが無いためゴツゴツした岩場などではすぐ痛めてしまいそうだ。
足入れ感はワイドラストではないが、MONTRAILに近く、ホールド感は抜群に良かったです

ゴアでないので、今のグシャグシャ道では履けませんが早く不整道で走ってみたいな…


2011-03-25 22:58 : トレイルラン・登山マラソン : コメント : 0 :

塩谷丸山~小樽天狗山 軽装で縦走♪第2弾

塩谷丸山~小樽天狗山縦走

昨日は久しぶりに塩谷丸山から遠藤山経由で小樽天狗山までの約15キロ縦走してきました
前回は5月30日でしたのでちょうど5ヶ月振りでしょうか…

先日の降雪で山頂付近に雪化粧をした手稲山を眺めながら、ひょっとして今期初の雪山行かも?ってワクワクしながら一路小樽へ向かいます

IMG_2818.jpg

小樽運河マラソンでおなじみの色内埠頭公園で車をデポ
小樽駅まで軽くジョグ。

駅越しに見える天狗山スキー場はやはり白い!
登山というよりスキーを担いできたほうが良かったかも(笑)

IMG_2819.jpg


いつものように9時45分発の倶知安行きのJRで向かい、すぐさま登山口へ・・・

先週のトレランツアー参加で幾分体力を付けたか、登るのがとても楽チンです♪

汗は人一倍かきますが、ドロドロの登山道を一気に登頂!

IMG_2828_20101031203146.jpg

何度眺めてもここからの景色はサイコーですね(^^♪
栗城君みたいにビデオも撮ってみた(笑)

[広告] VPS


ここまで約50分。先はまだまだ長いので休憩なしで、遠藤山経由の小樽天狗山縦走セカンドステージへ・・・

IMG_2830.jpg

いやいや滑る!滑る!うっかりポールを持ってこなかったので、急な坂で何度も滑落しかけました(笑)

傾斜も緩やかになってくるにつれ段々雪の深さもくるぶし位から膝下ぐらいまで増してくる

最初は、踏み跡に足を突っ込みながら歩いてましたが、歩幅の違いに次第に「イライライライラ」

シューズが濡れてきましたが、お構いなしに「ズボッ!ズボッ!」。なりふり構わず、一面、松の落ち葉が広がる雪面を闊歩するのであった(*^^)v

今回持ってこなかったけど、スノーシューで闊歩したら、さぞかし気持ちよかー♪だろうね

しばらく進むと途中2名の山ガールと遭遇~
何が楽しいのか、その方たちもつぼ足トレイルだった(^_^;)

二言三言言葉を交わしたが、途中熊の足跡を見たとのこと(@_@)
一瞬ビビッたが、熊鈴ガンガン鳴らして遠藤山を越えた

IMG_2834.jpg

ここから更に雪が深くなってきた
でも下り坂なので楽チン♪

IMG_2835.jpg

基本的にはトレラン重視。雪中でも走れるとことは走るのだ。

先行する50代位の方を追い越し、塩谷丸山登山口から4時間かけ、やっとのことで小樽天狗山山頂に到着!
IMG_2838.jpg

シューズを見ると、雪でゴシゴシ洗われたのかすんごい綺麗!
洗濯したばかりのようで、まるで新品みたいだ

5月はここから登山道を下ったが、もうドロドロ道はもう御免ということで
ロープウエーで下山。
でも片道620円はちと高かった(^_^;)

IMG_2839.jpg

最後は小樽運河をのんびりと散策♪
今度はコンパス片手にのんびりスノーシューで縦走したいな



2010-10-31 21:07 : トレイルラン・登山マラソン : コメント : 2 :

久しぶりの馬追山トレイルラン

今日は超が付くくらい素晴らしい晴天のもと馬追山を、こうめさんの呼びかけで馬追山を9名でトレイルランしてきました

IMG_2804.jpg
<こうめさん、ちっぴぃさん、くろいぬさん、たにもとさんご夫妻、にゃすまろさん、かずきさん、REIさん、僕>


暑いだろうなぁ…という不安と2年以上のブランクがあるがまあなんとかなるだろうと、現地入りしまったらお気楽(諦め?)モードON!。

序盤からグッと抑え、余力を残したつもりが・・・

あれ?

12、3キロあたりから胸のランプが、 青から黄色に変わってしまった(^_^;)

心拍がレッドゾーンに入るたびに何度も独走してしまいましたが、なんとか皆さんと一緒にゴール!
約18キロのコースを200%堪能することができました。

来年はもう少しまともな走りできるよう頑張るぞ!





2010-10-23 23:39 : トレイルラン・登山マラソン : コメント : 5 :

トレラン三昧の二日間

ここんところずっと忙しい毎日でしたが、久しぶりの2日完全オフの土日は、見事な五月晴れに恵まれ思う存分自然の中でトレイルランをしてきました



5/29土曜日は
リンダ リンダ リンド~♪


銭函天狗岳周辺の林道の延長線ともいえる春香山への春香小屋ルートの林道約16.8kmのルートをトレイルランして来ました

春香小屋~銭函峠~春香山のルートマップ

IMG_2199.jpg


銭函の桂岡からのルートが一般的ですが、今回は定山渓国際スキー場手前から入ります
冬に奥手稲山へスノーシューでトレッキングで二度訪れたっきりですが、夏道は今回初めて。地図を持ってるし時間もたっぷりあるので、いたってお気楽モード♪


幅員が広いのでシングルトラックを好むランナーにはちょっと物足りなさがありますが、林道脇を流れる川のせせらぎや野鳥のさえずる声がとても耳に心地よい (^^♪

春香林道


計画はルート途中の分岐から銭函峠経由でピークハントし、帰りは林道一直線で帰ってくる予定でしたが、銭函峠手前でのいくつかの分岐で道を誤り、ルートがが判らなくなり迷走しちゃった(笑)

IMG_2213.jpg


地図は持って来ましたが、大事な磁北線を入れとくのを忘れてしまったのです(^_^;)
熊クンが出没しそうなこんな山奥で迷ってしまったらマジやばいので、印を付けた一つ一つの分岐を最初まで戻り、銭函峠は復路に通ることに・・・

かなり回り道したように感じましたが、あっという間に銀嶺荘の上の山頂への分岐点に到着
ここから山頂までの直登りはグチョグチョなので転ばないよう慎重に進み、最後のルンゼをよじ登りやっと山頂についた!

haruka2010_5_20100531160633.jpg

<山頂からの動画です>
動画:春香山山頂2010_5


山頂には若い女性が4、5人(@_@)
単独で駅から歩いて登ってきた方もいて、登山ブームなんだなぁって実感しました。

若い人たちとの会話は楽しかったですが、変なおじさんと思われたら困るので、そこそこにして、握り飯を口にほお張り、気合を入れて下山開始!

銀嶺荘

復路では誰とも会いませんでしたが、幸いにも迷うことなく銭函峠経由で戻れました

haruka峠


ココを走ってみての感想は、全般的に林道は比較的緩やかな傾斜なので僕のようにメタボなトレイルラン愛好者にはうってつけかも

[今回撮った写真のスライドショーです]




5/30日曜日は
軽装で縦走!

小樽塩谷丸山~小樽天狗山縦走ルートマップ"
※塩屋駅から塩谷丸山山頂まではGPSデータが飛んでなくなりました

前日の疲れが多少ありましたが、朝から見事な快晴
2日目はもう少し難易度の高い小樽塩谷丸山~小樽天狗山まで約15kmを縦走してきました

IMG_2246.jpg



このルートは2年前に石川弘樹さんのトレイルランのイベントに参加し、小刻みのアップダウンにノックアウトされてしまい、終盤にはヘロヘロになってしまいましたが、今回は景色を楽しみながら、急な登りは早歩き、緩斜面と下りはランでのんびりと楽しんできました

11時過ぎに小樽駅から塩屋駅までへJRで移動したのですが、昼前にもかかわらず、駅は某登山関連のコミュニティーの方々などで賑わってました

11時21分発のJRに乗り、一駅乗車で程なく塩屋駅に到着後、軽く登山口までジョグで移動し、さあ戦闘開始!

最初はルンルンでしたが、勾配が次第にきつくなると息があがるがトレッキングポールを使い4つ足でがんばる。

IMG_2247.jpg


恐らく身なりでトレイルランだって気づいたんでしょう、下ってきたお年寄りの男性に「オイオイ!歩いちゃダメだ!」と激を飛ばされた(笑)

IMG_2253.jpg

ヒイヒイいいながらやっとたどり着いた山頂は大賑わい(^^♪

IMG_2260.jpg

<山頂からの動画です>
[広告] VPS

大勢の方たちが素晴らしい景色を堪能しながら昼食タイムしてました

2日連荘だったので少々お疲れ気味でしたが、ここはまだ工程の1/3。休憩もそこそこにし握り飯をほお張り、セカンドステージへ・・・
IMG_2266.jpg


急坂を駆け下り、ここからは小樽天狗山へのアップダウンのシングルトラックです

途中MTBの方2人とすれ違いましたが、トレイルランの醍醐味を存分に味わえ無事小樽天狗山に到着~

IMG_2287.jpg

ここからは、一部ダートになったスキー場のコースを使いますが、最後の力を振りしぼり、登山道をマリオのようにかっ飛んで下山


<途中にある皇妃2600年記念のモニュメントと仏像です>

IMG_2292.jpg


IMG_2291.jpg


IMG_2290.jpg

【今回撮った写真のスライドショーです】


この2日間は走力不足をつくづく感じましたが、歩いても走っても自由気ままに楽しめるのがトレイルラン♪
でも、もう少し体を絞って、ここのコースを余裕を持って走りきれるようになりたいな~



2010-05-31 21:12 : トレイルラン・登山マラソン : コメント : 2 :

恒例の円山公園花見ラン

IMG_2170.jpg

今日は暖かくて賑やかです

クゥ~ッ
飲みてぇ~(^O^)

<追記>
ということで毎年恒例の花見ランしてきました
花見がメインということでルートはいつもと逆周りで自宅→円山公園→小別沢トンネル→大倉山→三角山→自宅
の約17キロのコース
日差しはポカポカでもひんやりした風がとても心地よく、普段より軽快に走れました

しかし、運動不足はウソつかな~い!

円山公園を越え、グイグイ登る坂道にとうとう小別沢トンネル手前で足が絶えられなくプルプル^^;

やむなくトンネル手前からよこして山ふもとまでゆっくりと登った後は、尾根伝いに一気に三角山登山口まで気持ちよく駆け抜けました

ここまで来たらあとは、自宅までなだらかな下りのジョギングです
スタミナ的にチョッと心配でしたが、何とか帰還できました




2010-05-09 12:02 : トレイルラン・登山マラソン : コメント : 0 :

激走モンブラン!166km山岳レース


61mM7iMGaPL.jpg

激走モンブラン!166km山岳レース


NHKのワンダーxワンダーで放送された、世界最高峰のトレイルランニングレース『ウルトラトレイル・デュ・モンブラン2009』のDVDが発売になったので早速購入しました

全長166キロ、累計標高差9404m。制限時間46時間という条件の中、不眠不休で走りぬくランナーたちを25台のハイビジョンカメラで記録したドキュメントです

3位に鏑木毅さん。6位の横山峰弘さんと8位に山本健一さんという10位以内に日本人3人も入賞するという快挙を成し遂げたこのレース
高低差で言えば、富士登山競争の3倍以上もある過酷なものですが、フランス、イタリア、スイスの3国にまたがるコースはビデオを見ただけでもアルプスの美しい風景を存分に味わえます


今回3度目の参加となる鏑木毅さん中心のドキュメント映像で構成されてますが、体力の限界まで挑戦するランナーや制限時間での完走を目標にマイペースで行くランナーなどさまざまなドラマが描かれてます。
そのなかでもガンに侵されながらも第1回目から参加し続け、手術を受けるため今回が最後のレースとなるシュバイツァーさんにはガツンと心を打たれました

つくづく人間の精神力って凄いんだなぁ。。。

今日、秀岳壮さんのセールで新しいJacket買ってきたので、GWは久しぶりに近くの山に走りに行ってみようと思います(^^♪





2010-04-29 22:01 : トレイルラン・登山マラソン : コメント : 0 :

今年初めての濃昼山道トレイルラン♪

IMG_1967.jpg
      <峠頂上付近から浜益方面を望む>


今日は、みほねぇさんやgenさん、他にハセツネ連続完走している方など強者揃いに混じって総勢5名で濃昼山道でトレラン♪
最後尾から必死に追いかけましたが登りはウォークが精一杯。なんとか下りはランで追いかけましたが、今年初めての濃昼山道はとても楽しかったです。
気温は少し低めで、自分にとっては快適そのものでしたが、帰宅したらグッタリしてしまいました(笑)

次回はしっかりカラダを作ってリベンジするぞ!




2009-09-21 18:35 : トレイルラン・登山マラソン : コメント : 2 :

先週に引き続きトレランです

20090808095503


今日は忙しいよ~
本日の三部構成の第一部はトレランです!

今日は先週とは反対コースで自宅~三角山~大倉山~円山~自宅の1週17キロの超楽々パックコースを走ってます
現在三角山頂上まで来ましたが、頂上は暑くて吐きそうで苦しい(笑)

2009-08-08 09:55 : トレイルラン・登山マラソン : コメント : 3 :

札幌ふれあいの森

IMG_1757.jpg

今日は相棒と軽くトレッキング♪
白旗山のふもとににある札幌ふれあいの森に行き、露に濡れる散策路のアップダウンを楽しんだあと近くを流れる有明の滝ウォッチングしてきました

1mほどしかない小川から垂直の岩肌をしぶきを上げながら流れ落ちる様は、ダイナミックというにはほど遠いですが、天然のマイナスイオンタップリって感じでとても気持ちよかったです


2009-07-11 21:25 : トレイルラン・登山マラソン : コメント : 0 :

朝風呂。。いいねぇ

IMG_1600.jpg

歌登に来てます
滝が流れるきれいな中庭を眺めながらながら、ゆっくりと朝風呂に浸かりましたぁ(^^♪

たまにはいいですね~気持ちいっす♪

うぉっし!今日は沢山走るぞ!
車だけどね(笑)




<追記>

例年ならば、この時期、山開きに合わせて、中頓別町で敏音知岳登山マラソンが開催されてたのですが、残念ながら今年は中止となったようです

ひたすら登るだけのキツいコースですが、ローカルらしくアットホームな大会で気に入ってたのですが、とても残念です
財政難からなんでしょうけど、参加費を1000円から2000円にアップしても個人的には全然オーケーなんですけど、それでもダメなのかな~

一昨日、スタート地点の登山口前を通ったので写真だけでもと、撮ってきました


IMG_1594.jpg
            <スタート地点>


IMG_1593.jpg
            <コース図>



       <頂上からの動画(昨年の映像)>
2009-06-16 07:25 : トレイルラン・登山マラソン : コメント : 2 :

銭天縦断周回トレイルラン



今週末は仕事を家に持ち帰らなかったので充実した日を過ごせました(^^♪

土曜は下の息子とアシックスのファミリーセール♪
カラフルなシャツや、山用のウエアなど欲しいものは沢山ありましたが、グッと我慢で息子たちのジャージ上下を買い帰宅~

昼食はパンで簡単に済ませ、雨降らぬうちに今回も山へGO!

向かったのは昨年3度ほど訪れた銭函天狗山
ここでのトレイルランはチョー久しぶり(*^^)v

銭天
<今回のルートと周りの地形>クリックすると拡大します

ワクワクしながらたどり着いた緑花会コース登山口には先客が4台ほどありましたが、なんとか開いてるスペースに愛車を潜り込ませ、登山開始

トレイルランと言っても藻岩山とほぼ同じ標高の536m直登りだから、序盤は早歩きが精一杯!
小休止はなるだけ撮影時にとどめ、47分で頂上に到着

ここからは尾根伝いに裏側に降り、林道を桂岡まで進み、銭函インター近くの緑花会コース登山口まで突っ走るだけ

覚悟してたブッシュ漕ぎは思ったより楽だったが、林道は手稲金山コースとの交差点までは荒れ放題でした

周囲はほとんど無音で人気がほとんど感じられなかったので、念のため熊鈴をガンガン鳴らしながら先を進むことに

一種独特の獣臭さはどこも感じられなかったが銭函川沿いの緑の香りにあふれる林道はとても気持ちよかったなぁ

ほどなく春香山登山口にもなってる桂岡コース入り口を通過
あとは延々アスファルトの上を走るだけですが、モワッとした空気が漂ってる。
何故かな~って思ったら外に表示してあった気温計が20度示してた(@_@)
やっぱ俺って白熊か(笑)

5号線からの登りはキツかったが、道路真ん中を塞ぐ物体が・・・
なんと1.5mはある巨大な蛇と遭遇!

IMG_1581.jpg

少し鎌首持ち上げて舌をチョロチョロしてましたが、カメラを向けるとシャーっと草むらの中に消えていきました
遭遇したのが小動物で安心しましたがほぼ予定通り、2時間14分で無事帰還
総距離は11.4キロとたいした距離ではありませんが、高低差が499.0mあるので、自分にとってはほどほどの疲労感でした~

今回は参加できないのですが今月13日14日には第4回秀岳荘トレイルランニングクリニックが、僕のお気に入りのコースの濃昼山道で行われる予定ですが、きっと楽しいだろうなぁ




2009-06-07 22:45 : トレイルラン・登山マラソン : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

今年最後の濃昼山道


先週に引き続き今週もトレイルラン三昧♪
土曜の午後から、通算6度目となる我が聖地(?)
濃昼山道”に行ってきました

いつものように濃昼側に車を止め、熊鈴をしっかり付けウォーミングアップを兼ねた安瀬側濃昼山道入り口までの約5キロのトンネル走へGO!
歩道のない赤岩トンネルはちと怖いのでBダッシュ(俺はマリオか?)で通り抜け、ふと振り向くと傍らには過去に1年1か月間ものあいだ工事が中断していた新赤岩トンネルがやっと完成状態

11月18日から運用し始めるそうなので、次回から怖い思いをしなくて済みそうです(*^^)v

ホッとしたとこで、以前から気になってた、立ち入り禁止の太島内トンネルの右横の旧道に入ってみると「おお~怖っ!

IMG_0994.jpg

切り立った岩壁から崩落したのでしょう大きな岩が道路の真ん中に転がってました
少々ビビリながら元来た道を戻り大島内トンネル、滝の沢トンネルをくぐり安瀬側濃昼山道入り口到着

一気に90mほど駆け上がりますが、思ったより路面は湿ってなくとても走り安い
ヒグマに出会わないように・・・と祈りながらチョコマカと走ってたら目の前をいきなり動物が横切った(驚)
シマリス栗鼠よりはるかに大きく黒っぽいからエゾリスなのかな?体をのばすとイタチ位大きく感じました

その後もリスたちのオンパレードでひょこひょこ挨拶に来てくれます
写真を撮りたかったのですが、構えると警戒してしまいまったく撮れませんでした

IMG_0997.jpg

昨年激流だった大沢では難なく渡ることができ一安心♪
途中5名くらいのハイカー達にも出会い、少し雑談
軽装備で走ってるのを見て驚いてました

頭上一杯にナナカマドの実が実ってる道を駆け上がり、やっと峠の頂上に到着
そこには立派な峠の標識た立ってました
フィルターを通したような初夏の色濃い景色から少し和らいだ景色でしたが、紅葉が燃え尽きた山並みもまた美しいキラキラ(ピンク)

IMG_1000.jpg

この景色を見るとホッとします

ここからはいつものように高速ダウンヒル

濃昼山道を守る会の方々が丁寧に芝を刈ってくれたりしており、全般的に以前よりとても歩きやすくはなってましたが、我々が走って山道を傷めしまってるのか、心なしか狭い山道が荒れてました

最近少しづつトレイルラン愛好家が増えてきてますが、山を愛する者同士のマナーとして崩落しそうなところや路肩の狭いところは丁寧に歩かないといけないですね

2008-11-02 14:44 : トレイルラン・登山マラソン : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

トレイルランニングミニレース



今日は昨日に引き続き秀岳莊さん主催によるミニトレイルランレース。心配してた雨にも当たらず、気温も若干低めの絶好のラン日和でした~

この大会、ミニと言えど距離的にはまともな15キロです。林道は一部あるものの、大部分がシングルトラックのアップダウンのコースは、登山マラソンは別として今まで出たトレイルラン大会のの比ではなく、とても変化にとんだ楽しいコースです

しかし久々にやっちまったぁ~
猪突猛進の性格が災いしたのか、前方の視界ににランナーがいなかったので真剣に足元をトレースしながら下ってたらスタートから5キロくらい進んだ沢沿いのルート付近でコースを離脱してしまったのだ(^_^;)

後ろで係の方が呼んだらしいが、こちらは真剣そのもの
しばらく行った所で追いかけて来てくれた若い係りの方に呼び止められて初めて気がつきました(笑)

気を取り直して走るものの、中盤あたりでの林道ではとうとう歩きが入ってしまい、このあと札幌台と白旗山山頂にたどり着けるのか・・・
と弱気になってたら、応援に駆けつけてきていただいたのでしょう。前方から下って来たgenさんに激を頂き、ちょっと復活

その後心臓破りの札幌台への登りと白旗山山頂にヒイヒイ言いながらなんとかたどり着き、あとは長ーい林道下り
最後は皆の声援を受けながら気持ちよくフィニッシュできました

昼過ぎにゴールしましたが、このあと3時まで何すんだろ・・・と思ってたら
やってくれるね秀岳莊さん!今度は焼肉とカップ麺、パンやバナナお茶やコーヒーの大盤振る舞いです
お陰さまで選手、関係者の方たちと和気藹々と昼食を頂くことが出来ました

IMG_0978.jpg

また閉会式には成績発表に続き、全員にお楽しみ抽選会のサービス
僕はHHのキャップと石川弘樹さんのDVDが当たりました~

来年はもう少しまともに走れるよう鍛えなおしてまた参加したいです

sirahata_race1_map.jpg
             <コースマップ>


2008-10-26 21:29 : トレイルラン・登山マラソン : コメント : 4 : トラックバック : 0 :

トレイルランニングクリニック


今日は紅葉がピークを迎えてる白旗山で行われた、秀岳荘主催のトレイルランニングクリニックに行ってきました

数日前に心配してた雨予報も何処行ったやら・・・
時折照りつける日差しはジリジリとさえ感じる位でした(^^♪

講師は前回のTHE NORTH FACEの横山峰弘さんに加えトレイルラン会女子実力ナンバーワンの佐藤浩巳さんもも加わり更にパワーアップ!
午前と午後の部でグループを入れ替えながらの楽しいレクチャーを交えたトレイルランでした

明日のミニレースとなる16キロのコースの大半を利用しましたが、結構なアップダウンの連続
ほとんどがシングルトラックですが、今年の春に自分が集って開催した白旗山トレイルランでのコースの最大の難所だった
山頂までの急坂をレースの後半に設定されてましたのには驚きました
そこを軽快に走りぬけた横山さんを追いかけるのは爽快そのものでしたが、同時に心拍数もピークに!
なかなかワイルドで刺激的なランでした

最後は佐藤浩巳さんによるふれあいの森入口の芝生でポイントレッスンとストレッチ
歯切れが良く高めの声はとても聞きやすかったですよ~

明日は楽しい16キロのトレイルランミニレースですが、完璧に雨予報です>_<)
落ち葉のクッションは心地よかったですが、きっと明日は滑りまくるだろうなぁ
転んで怪我しないようにせねば・・・

2008-10-25 22:09 : トレイルラン・登山マラソン : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

ハッピートレイル♪

HP1.jpg


今日はパタゴニアさん、パワースポーツさん主催の Happy Trail with 石川弘樹(北海道)に参加してきました

講師はもちろんアドベンチャーレースの第一人者トレイルランナー 石川弘樹さんです

HP2.jpg

tony79さんとまゆちゃんとで集合場所の小樽駅に向かいましたが、メンバーは本州勢10名ほどを含むほとんど初めてお会いする方ばかり総勢約20名

全体的に若い方ばかりでしたので、話が合うかな?ってチョッと不安もありましたが、走る仲間は何処でもいっしょですね

すぐにいろんな方々と打ち解けて話せました(^^♪

ここからはJRで塩谷駅まで移動し石川さんと合流
彼は本日すでに塩谷丸山を一度登ってきたそうです(@_@)
世界的なランナーは凄いですね!

HP3.jpg

全員でもうもうと煙を吐くSLを見送り簡単なレクチャー
全員でストレッチしたあと待望の出発です

今日のコースは塩谷丸山~小樽天狗山までの約15キロの縦走トレイルです

2年前にもNAOJIさんとまゆちゃんとで歩いたことがありますが、歩くのと走るのとでは大違い・・・

「こんなに傾斜きつかったかな?」って言うくらい心拍数は常に180拍オーバーです(^_^;)

先頭の石川さんのすぐあとを必死で着いていきましたが、嬉しいことに時々休憩を挟んだり、歩きを多く入れてくれたりします

お陰さまで、ずっと勉強になるアドバイスと、華麗なフットワークを間近で堪能することが出来とてもハッピ~♪


1時間くらいで頂上に到着しましたが、美しい景色に歓声があがり
記念撮影の嵐で楽しい楽しい♪

HP4.jpg

ここで昼食かと思えば簡単な補給ですぐスタートするとのこと・・・
(こういう趣旨なのか、結局最後まで食事は無しでした)

ここからは厳しいダウンヒル。。。
刈り取られたあとの笹に足を滑らせながら一気に下る。
でも石川さ~ん、あなたは人間ですか?早すぎる~ 

必死に食らいつきながら走りました(笑)

遠藤山山頂に到達する頃には、かなりスタミナを消耗してしまいました

HP5.jpg

移動途中にもしばしば足の運び方や、体重移動、姿勢のとり方などレクチャーしていただきのは
とても勉強になり、すぐに試したくなるのですが、ガス欠ぎみでスピードがあがりません
最近走ってないせいか、かなり基礎体力が落ちたようです

足も多少もつれてきたので転倒し後続の方々に迷惑をかけたらいかんと、後半は列の中ほどまで後退しゴールの天狗山まで
チンタラ走りました

HP6.jpg

最後の記念撮影では、皆満足そうな笑顔(^^♪

予定外のふもとのバス乗り場までの1.3キロは登山道をトレイルし全行程を終了した後は、バスで小樽駅まで移動
全員無事に解散となりました

今日は刺激タップリの楽しいトレイルに石川さんはじめ、スタッフの皆さんに感謝ですm(__)m

来週は石川弘樹プロデュースのトレイルランニングレース、 「Madarao Forest Trails 50km」ですが
晴れればいいですね!


<今日の写真集です>


2008-09-28 21:15 : トレイルラン・登山マラソン : コメント : 10 : トラックバック : 0 :

無事完走し下山しました

IMG_0490.jpg

今年もハードでしたが、昨年の記録より若干早めにゴール出来たのでちょっと嬉しいです(^^)

山頂では見晴らしがあまり良くなかったですが、下山したらもう、スッキリ青空…

温泉で汗を流したので、これからチンタラ一般国道で帰りま~すo(^-^)o

☆無事帰宅
ひたすらR275を通り帰ってきましたが、遠いですね~
さすがに疲れました
途中眠くならないように、なるだけ空腹気味で帰ってきましたが、帰宅してお待ちかねの酎ハイをグビッと飲んだら効く~ クラクラッと来ました

昨年の記録見たら48分37秒でしたが、今年は少し更新し47分7秒で8位でした
序盤飛ばさないでジワジワと行ったのが良かったのかもしれませんが、9合目あたりから腰がパンパンになり、おまけに足にも力が入らずかなりしんどかったです。
普段階段登りなど積極的にトレーニングしてないと、こういうところで結果が出てきますね。
昨年に比べて、参加人数が少なかったのですが、こういうローカルな大会大好きです
また来年も参加できたら良いなぁ

下の写真はゴール後、山頂からスタート地点まで下る際に撮ったものです
写真そのものをクリックすると大きな写真で見れます

BubbleShare: Share photos - Powered by BubbleShare


2008-06-22 12:27 : トレイルラン・登山マラソン : コメント : 5 : トラックバック : 0 :

いよいよです

IMG_0464.jpg

スタート地点のピンネシリ道の駅に着きました
本来は後ろ側に敏音岳がそびえてるのですが、雲にすっぽり覆われてます(^_-)
唯一の救いは周りの空に青空がチラホラ見えてきたことかな…

今年も相変わらず強者ランナーが続々と集まってきてます
おし!気合い入れて頑張るべしo(^-^)o

2008-06-22 08:56 : トレイルラン・登山マラソン : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

今朝は藻岩山トレイルラン

20080618055209

ひっさしぶりの朝ランは藻岩山に来てみまました
日曜の登山マラソン対策にいまさらって感じですが
足に負担かけずに心拍数を上げるにはこれが一番!

おっと!早く下りなきゃ仕事に間に合わないぜ! 
ダッシュダッシュ ε≡Ξ≡Ξ≡Ξ≡Ξ≡ヽ(; ゜〇゜)ノ

2008-06-18 05:52 : トレイルラン・登山マラソン : コメント : 8 : トラックバック : 0 :

三角山




久しぶりにトレイルランしてます
キツくて汗だくになったけど、風が気持ちいい~


2008-06-14 09:58 : トレイルラン・登山マラソン : コメント : 4 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

お知らせ

  

FC2カウンター

月別アーカイブ(タブ)

本日の一曲

The One Who Needs You - indigo jam unit feat. Alicia Saldenha
サッポロシティージャズでもナイスな演奏を聴かせてくれましたが、10月10日にも狸小路のmoleにてライブがあります。プロモは9月2日のニューアルバムにアリシアがVOで参加した音源 良いです(^^)

Runner's Blog

最近の記事+コメント

ブログ内検索

メールです

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。